JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

20年くらい前から、毎日、足がだるく(特に下肢)疲労感からイライラしています。また、毎日ではありませんが、頻繁に強い

解決済みの質問:

20年くらい前から、毎日、足がだるく(特に下肢)疲労感からイライラしています。また、毎日ではありませんが、頻繁に強い眠気が生じます。運動した日の夜は睡眠がうまく採れません。就寝中に鼾をかくこともないのですが、就寝後2時間くらいで目が覚め、それ以降はウツラウツラした状態が続く事もままあります。生活のリズムも毎日ほぼ一定にしております。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
おはようございます。猫山と申します。神経内科医です。

ご記載からは、相談者様はレストレスレッグズ症候群(レストレスレッグズ症候群)を呈されているのではないかと推察します。
http://www.muzmuz.jp/about/about01.html

ご質問文に、今回のご相談で何をお聞きになりたいのかが記載されておりませんが、具体的なご質問事項を教えていただけますか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.

足のだるさの解消。睡眠の改善

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

相談者様がレストレスレッグス症候群(RLS)を患われているのであれば、前記のリンク先にもありましたように、下肢の不快感によって睡眠の量と質が低下していることが夜間の不眠の原因です。

RLSは治療によって症状をコントロールすることが可能な疾患です。
http://www.rls-net.jp/outline/cure.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

RLSの治療は、神経内科医もしくは睡眠専門医によって行われます。
以下のサイトからRLSの治療を行っている病医院を検索することができます。
専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。
http://www.muzmuz.jp/examine/examine01.html#001

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 3 年 前.

睡眠時には御回答のような不快感は生じていません。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

その場合は、2つの可能性が考えられます。

1つは、睡眠中に不快感は生じているのだけれど、それによって相談者様が覚醒された際には消失している、もしくは夜間の不快感は軽度で、睡眠は阻害するが、自覚されるほどではない。

2つめは、日中の不快感、イライラのために、夜間の睡眠の質が損なわれている。

……です。
日中の下肢の不快感はやはりRLSによるものである可能性が高いと思われますし、睡眠の問題がありますので、先ほどお示ししたリンクから、睡眠専門医を選んで受診されるのがよいのではないかと考えます。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問