JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

3年程前から耳鳴りが常にしております。 耳鼻科の診察を受けましたが、特に耳の病気はなく、加齢によるものなので仕方な

解決済みの質問:

3年程前から耳鳴りが常にしております。
耳鼻科の診察を受けましたが、特に耳の病気はなく、加齢によるものなので仕方ないそうです。
デバスという薬が処方されましたが、続けて服用するのは良くないと言われ、あまり服用していません。
最近では右側の頭がブーンと軽く振動しているような感覚もあり(耳鳴りはキーンという感じ)、集中力も落ちるかんじです。
一度、脳の検査でもした方がいいのでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】


こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

小脳橋角部という部位に生じる腫瘍によって耳鳴りが生じることがあります。髄膜腫、神経膠腫、類皮腫、類上皮腫、クモ膜嚢胞といった色々な種類の腫瘍が出来る場所ですので、それを念頭に置いていちど脳神経外科を受診され、検査を受けられた方がよろしいかと存じます。
http://www.med.kindai.ac.jp/nouge/disease/informed/3/5.html

ただし、慢性的な耳鳴りの原因が脳神経外科的な問題である可能性はごくごく低いものです。
以下は、脳神経外科でMRI検査を受けられて、問題が見つからなかった場合の対処です。

耳鳴りに関するご相談はこのサイトに数多く寄せられます(1日平均1件以上)。
大多数が、「耳鼻科や脳神経外科をあちこち受診したが耳鳴りの原因がわからず、治療しても治らないがどうしたらよいか」というものです。
それだけ、原因不明の耳鳴りは多くみられる症状であり、また、一般の耳鼻咽喉科では適切な診断・治療を行うことが難しいということでしょう。
耳鳴りとは、専門医による治療が必要な、きわめて難治の病態なのです。

近年では、長期間に渡って持続する耳鳴りは、耳ではなく、「脳が耳鳴りを覚えてしまう」ことによる慢性症状であるとする考えも提唱され、臨床でも受け入れられつつあります。
http://www.ueharaoto.com/trtormiminari.htm

全国的にも数は限られますが、耳鳴り外来を開設している医療機関がございますので、専門性の高い治療を受けられるために、そちら を受診されることをお勧めいたします(Googleなどで「耳鳴り外来+通院可能な地域名をキーワードに検索されると病院をみつけられると思います)。

【耳鳴り治療を行っている医療機関(例)】
http://www.takinoma.com/senmon.html

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問