JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14384
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

82歳になる母が痛みに苦しんでいます。 10月17日に救急で博慈会記念病院に向かい、そのまま入院しました。 10

解決済みの質問:

82歳になる母が痛みに苦しんでいます。
10月17日に救急で博慈会記念病院に向かい、そのまま入院しました。
10月24日に受け取った退院支援計画書によると
 病名:右座骨神経痛
 退院困難な要因:長期臥床に伴う筋力の低 下と歩行能力の再獲得が必要
 支援機関:3週間
とありましたが、痛みが取れない・痛みをうったえてもただ寝かされるだけの治療に我慢できず退院してしまいました。
現在、自宅(3F)で家族看護していますが昼夜を問わず痛がっていて対応しきれません。
世の中にはペインクリニックという科目を扱う病院があるそうですが、足立区付近で入院可能な病院がありましたら教えて下さい。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
おはようございます。猫山と申します。神経内科医です。

少し補足情報を下さい。

①博慈会記念総合病院では何科に入院されていたのでしょうか?

②坐骨神経痛は病名ではなく症状名です。坐骨神経が背骨を出るところから足を下り始めるところまでのどこかで圧迫されると臀部や、太腿の裏側、下肢の裏面・足の裏のだるさやしびれ、痛みなどが現れます。
最も多い原因は腰椎のヘルニアやすべり症、脊柱管狭窄症、次にお尻の筋肉によって坐骨神経が挟まれる梨状筋症候群ですが、お母様の場合は何が原因で坐骨神経痛が起きているのでしょうか? 入院先ではどのような検査を受けられましたか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。
※病院紹介のご要望は多いのですが、JustAnswerでは、特定の医療機関の紹介・推薦を行っていません。
医療カテゴリの専門家が、日本全国の病院の内情を把握できているわけでもありませんし、相談者様を実際に診察しているわけでもありません。医師と相談者様の相性の問題もあります。そういう状況で、こうしたサイトを通じた病院紹介は、病院側、相談者側の両方からクレームを受ける可能性があるからです(実際、そういったトラブルは、他の専門家が手がけた事案も含めて過去に何回か起きています)。
「入院可能な病院がありましたら教えて下さい」とのことですが、入院の可否、要否は診察医の判断、病院ごとの基準、空きベッド状況によって大きく変わってまいりますので、ここでお示しできるものではありません。また、ペインクリニックで入院施設を有する医療機関はほぼ皆無だとお考えください。
これに関してはご了承いただけますと幸いです。
ただし、特定の病院ではなく、専門医療機関や専門医のリストはお示しできる場合がございます。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.

①科目:整形外科 です


②病名:退院支援計画書には「病名 右坐骨神経痛」と記入されておりそれ以上のことはわかりません。


 


検査:医師の説明では、MRI画像から脊柱5番目に狭窄が確認できる。 ただし古い傷なのでこれが今回の痛みの原因とは特定できないとのことでした。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

坐骨神経は4番目と5番目の腰椎の間から出て足の後面を下降する太い神経ですから、「脊柱5番目に狭窄が確認できる」というMRI検査所見と、お母様の臨床症状から、坐骨神経痛という「症状名」を「病名」として記載したのでしょう。

博慈会記念総合病院の整形外科には、脊椎の専門医はおられないようです。
http://www.hakujikai.or.jp/cn18/cn20/seikei.html

骨の中を脊髄が通る脊椎は、整形外科の中でも専門性が高い領域です(脳神経外科でも扱われる領域です)。脊椎・脊髄専門医を受診されて、セカンドオピニオンを受けられることをお勧めいたします。下記のサイトから、日本整形外科学会と日本脊椎脊髄病学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医名簿】
http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html

【日本脊椎脊髄病学会認定 脊椎脊髄外科指導医】
https://www.jssr.gr.jp/jssr_sys/shidoi/listInitTop.do

ただし古い傷なのでこれが今回の痛みの原因とは特定できない」と言われたとのことですが、原因がわからなければ治療は行えません。
通常、ペインクリニックは、坐骨神経痛の場合であれば、整形外科の主治医から、例えば、「第4・5腰椎間のヘルニアがあり、それによって坐骨神経痛が生じている」旨の紹介状が作成されて、それを持参して受診する医療機関です。
いきなりペインクリニックを受診して痛みをどうにかしてほしいと言われても、原因不明では対応が困難でしょう。

まずは原因疾患を特定することだと思いますし、脊椎・脊髄の専門医であれば、みずから神経ブロック等の除痛治療も行えます。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問