JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
nou-no-moribitoに今すぐ質問する
nou-no-moribito
nou-no-moribito, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 370
経験:  脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
70641304
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
nou-no-moribitoがオンラインで質問受付中

口腔外科の大学院一年目のものです。最近避妊薬を服用されている患者様からの智歯抜歯依頼をうけるのですが、治療にあたって

解決済みの質問:

口腔外科の大学院一年目のものです。最近避妊薬を服用されている患者様からの智歯抜歯依頼をうけるのですが、治療にあたってなにか留意点等ありましたら御教授頂けますでしょうか。
抜歯に関しては2%キシロカイン8万分の1エピネフリン含有を7.2ml程使用し、長くとも1時間弱の処置になります。埋伏しているものですと、骨を 削除するような難抜歯になります。
よく聞きますのが、ドライソケット(抜歯後治癒不全)がおこりやすいことや、出血しやすいなどです。抜歯は避妊薬一週間の休薬時期に行うのがこれらの術後合併症予防になると、いわれてるようなのですが、信じていい情報なのでしょうか?
また、避妊薬ガイドラインには長期臥床が必要な手術を行う場合、4週休薬が必要と書いてあるのですが、長期とはどの程度の期間になるのでしょうか。全身麻酔下での処置は基本的に、休薬したほうがいいのでしょうか。
自分なりに、調べてみたのですが、答えにいたることが出来ませんでしたので教えて頂けますでしょうか。よろしくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  nou-no-moribito 返答済み 3 年 前.
脳外科医です。
ご存じのように、経口避妊薬は、静脈血栓症の危険があります。
脳外科手術では数時間でも、静脈洞血栓症など恐ろしい合併症をさけるためにも、
休薬できるのでしたら休薬させます。避妊薬は、避妊が目的であるならば、
絶対に必要な薬ではありませんから。
質問者: 返答済み 3 年 前.

回答ありがとうございます。数時間の手術でも休薬した後に手術するのですね。


 


いくつか箇条書きにして質問させて下さい。


 


1、抜歯に関しても4週間休薬の後に行うのが好ましいのでしょう   か?


2、抜歯等の外科処置は避妊薬一週間の休薬時期に行うのがこれらの  術後合併症予防になると、いわれてるようなのですが、信じてい  い情報なのでしょうか?


3、1週間の避妊薬の休薬期間は避妊薬の血中濃度は合併症が起きな  い程度に低下しているのでしょうか?4週間休薬しないと、血中  濃度は低下しないのでしょうか?


4、避妊薬の効果として線溶系亢進が言われているようなのですが、


  服用患者は出血傾向なのでしょうか?


5、口腔外科では口腔扁平上皮癌に対して、切除術+再建術+リンパ  節転移があれば、頸部郭清術。顎変形症に対して、外科矯正(骨  切り)。下顎骨骨髄炎に対して区域切除術。等々全身麻酔下にて  いずれも数時間の手術を行いますが、休薬できるのであれば、4  週間休薬の後に行うのが好ましいという理解でよろしいでしょう  か。


 


基本的には処方された主治医の先生と対診が必要だということは重々承知しておりますが、5つの質問にお答え願えますでしょうか。


よろしくお願いします。


 

専門家:  nou-no-moribito 返答済み 3 年 前.
対応が遅くなり申し訳有りません。

ガイドラインによると:

手術前4週以内,術後2週以内,産後4週以内及び長期間安静状態の患者 [血液凝固能が亢進し、心血管系の副作用の危険性が高くなることがある。

と、書かれてあります。

以外と長きにわたって影響を及ぼす薬と言えます。
ですから、やはり4週間の休薬をしてから、手術されるのがベストです。
このことは、血中濃度だけの問題ではなく、それまで長期にわたって経口避妊薬を内服してきたことが身体に
与えてきた影響を取り去るまでにかかる時間が4週間はみたほうがよいと解釈するべきでしょう。
血中濃度だけの問題でないと認識すべきですね。

経口避妊薬は、凝固因子増加作用および線溶系亢進がありますが、トータルとしては凝固が促進されます。出血傾向はありません。

結論としては、やはり、4週間休薬の後に手術を行うべきでしょう。

すでに、お調べになられたかもしれませんが、
以下に、参考となるサイトを掲載いたします。

http://www.jsog.or.jp/PDF/52/5207-142.pdf

質問者: 返答済み 3 年 前.

わかりやすい回答ありがとうございました。


 


それでは私たちが行う抜歯や嚢胞摘出等の外科処置に関しても4週間休薬後に行うのが好ましいという理解でよろしいでしょうか?

専門家:  nou-no-moribito 返答済み 3 年 前.
全身麻酔でやる限りは、そういうことになりますね。

質問者: 返答済み 3 年 前.

では、外来局所麻酔下でやる場合は、どうなりますか?

専門家:  nou-no-moribito 返答済み 3 年 前.
局所麻酔下では、関係ありません。
nou-no-moribitoをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問