JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14317
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

太りたくない 食べ物が怖いと、加速して体重が減り、162センチの身長で、34キロ迄体重が落ち、過呼吸や 意識がもうろうとしてきている。本人も

質問者の質問

太りたくない 食べ物が怖いと、加速して体重が減り、162センチの身長で、34キロ迄体重が落ち、過呼吸や 意識がもうろうとしてきている。本人も 改善していきたく、病院には通院したり、食べ物も甘味が、少しでも感じると、運動しなくては ならないと、呼吸絶え絶え、運動をはじめる。 止めると、パニックになり、過呼吸になり、とても苦しそうで、助けてあげたい。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせず に返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせてい ただきます】


こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

発想を変えていただいた方がよろしいかと存じます。
まず体重を戻すことが先決です。「162センチの身長で、34キロ迄体重が落ち」てしまっていますと、栄養分の摂取に対する身体の反応が正常ではなくなってしまっています。
胃腸の機能も落ちていますから、食べること自体、身体的に無理があるとお考えください。
点滴や流動食でまず体重を増やす必要があります。
「太らずに栄養がつく」という矛盾した食事はありえません。それは、相談者様が患者様に巻き込まれてしまっていることを示唆する考え方です。

主治医から明確な方針が提示されていないのかもしれませんが、この患者様の体重は、標準体重の-40%を割り込んでおり、生命の危険がある身体状況です。
一方で、体重が増えることへの嫌悪感、過活動傾向も著しく、パニック、過呼吸までをきたすようですから、ご自宅で改善が見込めるようには思われません。
絶対安静が必要な状態です。本屋に行くなどもってのほかですし、どこの本屋にも正解が載った本は置かれていません。

摂食障害に関する専門性が高い精神科医療機関に医療保護入院(保護者同意による入院)をした上で、栄養を補給し、まずは身体的な危険水域から脱する必要があります。
その間の精神的な動揺は、薬物療法や精神療法によってコントロールが図られるべきです。本格的な精神科的治療が始まるのはむしろ、体重がある程度戻ってからになります。

現在通われている病院にどの程度の専門性があるのかわかりかねますが、入院治療の方向でお話を進められることを強くお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
拙回答をご一読いただけますと幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
拙回答をご一読いただけますと幸いです。

医療 についての関連する質問