JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4088
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

現在78歳女性です。3年前に内視鏡による胆管拡張手術をして、重症急性膵炎を併発しました。腹部に直径4㎝程度の脂肪壊死

解決済みの質問:

現在78歳女性です。3年前に内視鏡による胆管拡張手術をして、重症急性膵炎を 併発しました。腹部に直径4㎝程度の脂肪壊死があります。経過観察をしていただいている担当医から、胆石があるので胆嚢摘出手術をするように言われましたが、重症急性膵炎で生死の淵をさまよった経緯もあり、手術の合併症に対する恐怖があり、なかなか決意できません。別の病院で腹部エコーをしたところ、胆嚢に胆石は見つからないとのことでしたが、やはり、胆嚢摘出手術はするべきなのでしょうか?また、胆嚢を摘出しても、胆管に胆石が残る可能性があると知人に聞きましたが、胆嚢摘出手術をするにしても、MRCP検査をしてから行うべきなのでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
現在、どのような症状がありますか。
質問者: 返答済み 3 年 前.


現在、特に何の症状もありません。


65歳の時に急性膵炎を発症し入院した際 に、初めて胆砂があることを指摘されましたが、その時は胆嚢摘出の話はされませんでした。75歳の時に背中の重苦しさと吐き気と黄疸ため受診したところ、胆石があるとのことで緊急入院・胆管拡張手術となりました。その後、経過観察の途中でいったん胆石は無くなりましたが、またCT検査で小さな胆石が見つかったため、胆嚢摘出手術を勧められております。医師の話によると、重症急性膵炎で内臓が癒着しているので、とりあえず腹腔鏡から始めて、癒着がひどい場合には開腹手術を行うとのことでした。高齢なので、痛くなってからの手術はもっと危険を伴うので、痛みの症状の無い状態のうちに早めに手術したほうがよいとのことでした。自分としては、今現在、無症状のため内臓の癒着や合併症・感染症のリスクを考えると、なかなか決断が下せません。如何なものでしょうか。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
CT検査は胆石を見つけるのに超音波より感度が悪いです。本当に胆石があるかどうか分かりませんし、また無症状であることから超音波で定期的に胆嚢をチェックしてもらってはどうかと思います。それで石がはっきり認められたら前回のこともあるので手術をしてはどうかと思います。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問