JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

10月28日、家族で温泉旅行に行った際、就寝中に父親(58歳)が叫び声?をあげて痙攣を起こしました。痙攣自体が治まっ

解決済みの質問:

10月28日、家族で温泉旅行に行った際、就寝中に父親(58歳)が叫び声?をあげて痙攣を起こしました。痙攣自体が治まったあとも、目は開けていましたが、意識はなかったようで?呼びかけには応じず運ばれた病院で意識を取り戻しました。

叫び声をあげ、痙攣を起こしたこと、救急車に乗せら れたことも覚えていませんでした。MRIなどでは脳に大きな異常は見つからなかったのですが、その場ではてんかんと診断され、一晩入院し、翌日29日に退院となり、地元の病院で詳しく診てもらうようにとのことで

紹介状とMRIの画像の入ったROMを持って地元病院へ行き、31日に脳波の検査をしていただきましたが異常は見つからず、次にまた同じことが起きたらすぐに救急車を呼ぶように、それから毎日熱を測るようにと言われました。


今でも頭痛、背中や腰などの痛み、左側の違和感(手が少ししびれていたり)があり、生あくび?もすごくしています。頭痛等に関しては「痙攣後はしばらくそういった症状が出る」と言われましたがそれでもやはり少し心配でこちらで質問させていただきました
やはりしばらく様子を見るしかないのでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機 能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】


おはようございます。猫山と申します。神経内科医です。

てんかんとは、脳波異常に基づく発作を生涯に2回以上起こした場合に付く診断ですので、お父様が痙攣を起こしたのが今回、最初で最後ならば、正確にはこれをてんかんとは呼びません。
「孤発性発作」となり、通常、この段階で治療は開始しません。
http://www.neurology-jp.org/guidelinem/epgl/sinkei_epgl_2010_04.pdf

てんかん性の発作を起こされる方の少なからぬ割合で、非発作時には脳波異常は認められません。よって、発作が頻発するタイプの患者様以外は、経過を観察し、発作が再度起きた場合に、その発作の形態を見極めて治療を行うかどうか、治療を行うとすればどのお薬を用いるか、が決められることになります。
http://square.umin.ac.jp/jes/pdf/guideline0704.pdf

ただし、その判断には一定以上の専門性が必要とされます。
てんかんをきちんと診られる神経内科医、精神科医、脳神経外科医は実際には少数派であり、適切な治療を受けられるためにはてんかん専門医がいる病院を受診される必要があります。
ここまでのところお父様が受けられてきた対処が不適切なものであるとは思われませんが、今後のことを考えるならばこうした専門医療機関を受診されれ相談することをお勧めいたします(小児科ではない診療科をお選びください)。

【てんかん専門医 認定研修施設】
http://square.umin.ac.jp/jes/senmon/senmon-shisetu.html

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 3 年 前.


猫山先生、返答ありがとうございます


受信した病院ではこんなに詳しく説明していただけなかったのでとても安心しました。


もう一箇所くらい受診しようかと思っています。


手足のしびれ?や、生あくびもそれほど気にしなくていいということでいいのでしょうか・・?

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

ご懸念の点は私も若干気になっている部分ではあります。

「頭痛、背中や腰などの痛み」は、発作後にしばしば認められる症状です。
ただ、「手足のしびれや、生あくび」は、脳内にてんかん性の微弱な異常電気活動が持続している可能性を示唆するものです。脳の深い部分でそれが起きている場合、一般の脳波検査では検出できない、もしくは、脳波を読む医師の技量によっては所見を見落としている可能性が否定できません。

この点につきましても、出来るだけ早く専門医を受診されて確認を求めるべき部分だと考えます。
猫山司をはじめその他2 名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問