JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr-KUMAに今すぐ質問する
Dr-KUMA
Dr-KUMA, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 245
経験:  国立大学病院勤務経験あり
75835603
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr-KUMAがオンラインで質問受付中

昨日胃カメラをしたんですが、その時に組織採取を何箇所かしました。 検査後の診察では慢性胃炎的になってますね、と言わ

解決済みの質問:

昨日胃カメラをしたんですが、その時に組織採取を何箇所かしました。
検査後の診察では慢性胃炎的になってますね、と言われ
がんとかは心配ないと思いますと言われましたが、
組織採取をされたのが初めてなので 
すごく心配になっています。
診療明細にはウレアーゼ試験  
内視鏡下生検法
病理組織標本作製とあります。
疑わしいところがあったのでしょうか?
よろしくお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr-KUMA 返答済み 3 年 前.
ご質問ありがとうございます。
何か胃が痛いなどの症状があって検査をされたのでしょう。それとも健診か何かですか。
また、年齢を教えて下さい。
質問者: 返答済み 3 年 前.

46歳です特に具合の悪いところはありませんが
逆流性食道炎は月に一度あるかないかぐらいです。

質問者: 返答済み 3 年 前.

46歳です特に具合の悪いところはありませんが
逆流性食道炎は月に一度あるかないかぐらいです。

質問者: 返答済み 3 年 前.

46歳です特に具合の悪いところはありませんが
逆流性食道炎は月に一度あるかないかぐらいです。

専門家:  Dr-KUMA 返答済み 3 年 前.
追加情報ありがとうございます。

まず、ウレアーゼ試験というのは、ピロリ菌の有無を調べる検査です。ご存知かもしれませんが、最近ピロリ菌がもし胃にいた場合、除菌(抗生物質 の内服で可能)することで胃がんの発生率が低くなると言われています。そのため、胃カメラの検査を行う際には、調べる事が多いです。
病理組織標本を作成されたのは、おそらく、慢性胃炎という理由からだと思います。癌周囲に炎症が起こることがあるため、ごく稀に炎症の部分からがん細胞が見つかる事があるため、念のため行われたのだと思いますよ。先生が慢性胃炎と判断されたのなら、その可能性が高いですし、もし万が一癌が見つかったとしても早期発見で予後は良好の可能性が高いです。
また内視鏡下生検法というのは、それらの検査を胃カメラを使って行いましたという意味です。

結論を申しますと、心配な病気の可能性はきわめて低いと思います。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございます。
とても気にする方なんで結果待ちの間に胃が悪くなりそうな感じで


疑わしいところがあればその時にそのために調べます。


といいはるものでしょうか?


採取の時のモニターを見ていたら 


赤い線状のところがあったような気がします


ここと言うところの採取の仕方ではなく  


そのあたりをパッパッとつまんでいたような気がします。

専門家:  Dr-KUMA 返答済み 3 年 前.
結果を聞くまで心配ですよね。

疑わしいところがあればその時にそのために調べます と医師から言われたのでしょうか。質問の意味がよくわかりません、すみません。

採取部位はおそらく炎症部位であったと思いますが、こればかりは採取された先生にしか分かりませんが、そのあたりをパッパッとつまんだという印象を受ける方は多いです。赤い線状を直接見ていませんので、何とも言えませんが、赤い線状の所見は通常でもみられる所見だと思います。
質問者: 返答済み 3 年 前.

疑わしいところがあるから
とは言われてません。


結果を待つしかしょうがないですよね


 

質問者: 返答済み 3 年 前.

疑わしいところがあるから
とは言われてません。


結果を待つしかしょうがないですよね


 

質問者: 返答済み 3 年 前.

疑わしいところがあるから
とは言われてません。


結果を待つしかしょうがないですよね


 

専門家:  Dr-KUMA 返答済み 3 年 前.
そうですね、結果を待たれて、主治医から説明を受けるのが確実だと思います。
お大事にされて下さい。
Dr-KUMAをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問