JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

男の適齢期の独身の孫が最近、感音性難聴と診断されましたが、結婚と治療についてのアドバイスをお願いします。上と下の男の

解決済みの質問:

男の適齢期の独身の孫が最近、感音性難聴と診断されましたが、結婚と治療についてのアドバイスをお願いします。上と下の男の孫はいずれも健康です。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんにちは。猫山と申します。

ご質問の趣旨を確認させて下さい。

お孫さんがどうすれば看護師(それも難聴に対して理解がある)さんと結婚できるか、その方策をわれわれにご質問になられたいということなのでしょうか?



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.


 感音性難聴は結婚にマイナスと思いますが、看護師さんの方が理解と協力が得られ、幸福な結婚生活が出来る人が多いのではと考えての質問です。孫やその母(私の長女)は結婚出来ないと悲観し、孫の結婚に消極的です。私は積極的です。


 孫やその母に結婚への希望を持たせられるような、治療方法、生活習慣改善方法、また理解してくれるような適齢期の看護師さんのいる病院等が分かれば有難いです。


 孫3人とも、東京の一流企業に勤務し、上の孫にはひ孫も出来ています。


 

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.

ご返信ありがとうございます。

まず、感音性難聴についてですが、主治医からはその原因や治療方針、予測される予後についてどのように説明を受けられているのでしょうか?

また、ここは医学カテゴリーであって結婚相談をお受けする場ではありません。看護師だから病気を持った男性との結婚に偏見が無いというのは、幻想であるように思います(看護師であっても、プライベートの交際では、他の条件が同じであれば、障害がある男性よりも障害が無い男性を選ぶでしょう)。
「理解してくれるような適齢期の看護師さんのいる病院等が分かれば有難い」というご相談に関しては、本カテゴリーでお受けするような類のものではないように思われます。
これについては、結婚相談所の類のご利用をお考えになられることをお勧めいたします。

質問者: 返答済み 3 年 前.

 結婚の対象を看護師さんだけに限定することは、幻想であることが分かりました。有り難うございました。今後の結婚相手を探すのに参考になりました。
 医師からの説明は直接でなく、孫の母(長女)からのものであり、遺伝によるもの、治療不可能、完全に聞こえなくなる可能性ありと心配している状態です。


 現在の医学ではダメでも、医学も素晴らしい進歩あり、孫や長女に将来に夢をもたせ、自助努力とともに結婚出来る環境を希望しています。


 遺伝子の研究から遺伝子治療等による病気を治す時代到来は無理でしょうか?


 

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

結婚問題についてのご理解を賜れましたこと、ありがたく存じます。

> 遺伝子の研究から遺伝子治療等による病気を治す時代到来は無理でしょうか?
お孫さんの病名が詳らかではありませんが、おそらく「優性遺伝形式をとる遺伝性難聴」であろうと推察いたします。
厚生省が認定している難病です。
http://www.nanbyou.or.jp/entry/2436

厚生省による調査研究班が立ち上げられており、研究が進められてはいます。
http://www.nanbyou.or.jp/entry/2195

ただ、残念ながら現時点では、遺伝子治療を含めたこの疾患の特異的・根本的な治療法に関しては実用化の目途は立っていないようです。
将来的には遺伝子治療が可能にはなると思いますが、それがいつになるかは誰にもわかりません。
そこに希望を繋ぎつつ、現時点では人工内耳や補聴器によって対症的に難聴に対処されるのが良策かと存じます。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問