JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

8歳8か月の息子なのですが、 3年生になってから同級生にいじめられ、学校へ行きたくないと言い、 先生に相談→いじ

解決済みの質問:

8歳8か月の息子なのですが、
3年生になってから同級生にいじめられ、学校へ行きたくないと言い、
先生に相談→いじめる原因が判明→いじめをする本人 に謝罪することで、
いじめは収まりました。
そのことは、息子から聞くだけで、私が先生やいじめる子に直接話そうとすると
すごく嫌がったので、息子が自分でなんとかするという意思を尊重し、
見守っていたのです。

2学期になってからは、特に何事もなく過ごしているようでしたが、特にいじめられてるわけでも
ないのに、あまり学校には行きたがりませんでした。
先日、個人面談の時に、先生に息子の交友関係を聞かれ、
あまり特定の友達がいないことなどを相談。
1学期のいじめのことも、もう済んだことだから話してもいいかと思い「そんなことありましたよね
」と言うと、先生は驚いて、全く聞いていないと言うのです。

いじめられていると息子に聞いてから、本人に謝っていじめがおさまるまで、
少なくとも数週間はたっていたのですが、
その間ずっと息子が私にウソをついていたのかとショックで、

試しに、「1学期にこういうこと(いじめのこと)あったよね?覚えてる?」と息子に聞くと、「うん」と。
「ほんとに叩かれたりしてたの?」「うん」
「先生に相談したんだよね?助けてくれたって言ってたよね?」「うん、そうだよ」
「それ、ほんとにあったこと?夢じゃないよね?」「ほんとだよ!」と。

そこで「先生、その話知らないって言ってたよ」と言うと、「えっ??」と。
そのやり取りを見る限り、息子がウソを言っているようにも見えないのです。
もし、ほんとに嘘をついているなら、8歳にしては嘘がうますぎると思うし、
普段息子は、同級生より少し幼い…というか、
まだぬいぐるみで一人遊びしたり、5歳の妹と対等にごっこ遊びができたりするので、
そんなに嘘だけ上手にできるようにも、思えないのです。

「先生が知らない」ということを知っても、いじめられたことも、先生に相談したことも、
本当にあったことだと思うと本人は言います。。
ただ、そのあと、「夢だったのかな…?」と、自分の出来事に自信なさそうにもしました。
先生が間違えるわけないと。だったら、自分が夢でもみたんじゃないかな?と。。

本人は、多分本気で、いじめられたことや、先生に相談したこと、本人に謝ったことなどを
現実にあったこととして記憶しているのですが、
先生がウソを言っているとも思えないし(そんな必要もないので)、
息子が妄想かなにかを現実のこととして認識しているのか・・・
そんな病気?障害?のようなことってありますか???

学力は普通。運動能力は良い方です。
低身長で経過観察中ですが、ホルモン系の病気ではなく、
遺伝か、発達途中に起きる栄養失調が原因での低身長ではないかと
医師に言われており、特に治療などはしていません。
普段、会話していても、特におかしな言動をするなどと感じたことはありません。
映画や本の内容を理解する力もあり、
私の話を聞いて、理解することもできます。
友達とのコミュニケーション能力は少し低いと思います。

一度、高機能広汎性発達障害を疑ったことがありますが、
専門書を読んでいると、あまり特徴があてはまらないような気がします。

今回のようなことは、病気として存在するのか、
もしそのような疑いがあった場合、どのようなところへ相談へ行けばいいのか、
教えていただきたいと思います。
よろしくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】


おはようございます。猫山と申します。精神科医です。大学病院在籍時は児童・思春期症例を診察するグループで臨床と研究に従事していました。

ご子息のご年齢のお子様では、悪意が無く、自分もそれを信じてしまうタイプの嘘言(きょげん)は実はそれほど珍しいことではありません。
しかしそれは一般的には単純な嘘である場合が多く、ご子息の場合のように、筋道だっていて、かつ不登校の理由づけとされるような、ストーリー性、意味性をもつものであることはきわめて稀です(体系化されている、という言い方をし、妄想の特徴とされます)。

「今回のようなことは、病気として存在するのか」というご質問に関しては、ぴったりと当てはまるような精神疾患は無い、とお答えしておきますが、ご子息の年代のお子様は、人格の未成熟のために成人とは異なる症状の現れ方をすることが少なくないため、同じ精神疾患だとしても個別性が大きく、文字情報だけで診断を付けることは不可能です。

嘘が一つだけなのであれば、少し様子を見てもよろしいかもしれませんが、私の見解としては、これが性格的な問題なのか、それが矯正可能なものなのかどうか、もしくは何らかの精神科疾患が基盤にあるのか、早いうちに確認をされた方がよいように思われます。

今の時点ならば、児童相談所を利用されてみることをお勧めします。

最近は児童虐待の通報先のイメージが先行していますが、実は児童相談所は子供に関することならばおよそ全てに渡って相談に乗ってくれる公的機関です。

病的な状態かそうでないかの鑑別も資格をもった相談司や心理司が行ってくれますし、病的なものでない場合もしかるべき対応をしてくれます。
医療機関の受診が必要だと判断した場合の紹介もしてもらえます(児童相談所の紹介だと、児童精神科の専門医療機関への「通り」も若干はよいようです)。

いきなり専門機関を受診されるよりは、まずは管轄の児童相談所に連絡をとられてみることをお勧めします。

以下、児童相談所の業務内容です。ご参考まで。
******************************************
児童すなわち0歳から17歳の者(児童福祉法4条)を対象に以下のような業務内容を行っている(児童福祉法11条の2)。

児童に関する様々な問題について、家庭や学校などからの相談に応じること。
児童及びその家庭につき、必要な調査並びに医学的、心理学的、教育学的、社会学的及び精神保健上の判定を行う。
児童及びその保護者につき、前号の調査又は判定に基づいて必要な指導を行なうこと。
児童の一時保護を行う。
******************************************

ちなみに、普通の精神科や心療内科の病院・クリニックではこの年齢のお子様の問題には対応できませんので、受診意義はありません。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問