JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
nou-no-moribitoに今すぐ質問する
nou-no-moribito
nou-no-moribito, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 372
経験:  脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
70641304
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
nou-no-moribitoがオンラインで質問受付中

島根県在住の甥(60歳)の脳腫瘍について私も詳細を最近に知らされたところですので、差し迫ったことですがアドバイスをお

解決済みの質問:

島根県在住の甥(60歳)の脳腫瘍について私も詳細を最近に知らされたところですので、差し迫ったことですがアドバイスをお願いいたします。H23年6月スポーツ自転車で転倒、日赤病院にて頭部CT
等で脳腫瘍25mm大 を指摘され数ケ月後の再診を言われるも放置、本年9月1週間位頭痛が続き再診したら35mm大になっていた。11月6日入院して手術になる予定です。腫瘍は良性との診断ですが、左こめかみのうしろで血管が近いので取りきれないかもしれないし、悪性とゆうこともあるかもしれない、とのことです。手術と放射線治療 ガンマーナイフ サイバーナイフ 陽子線 重粒子線 について、適、不適、より望ましいのは何れか御教示お願い致します。


愛知県 叔父
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  nou-no-moribito 返答済み 3 年 前.
画像が全く見られませんので、判断はかなり偏ったものになる可能性はありますが、できる限りお答えいたします。

まず、経過が2年で、10mm大きく なっただけですから、悪性の可能性はまず無いでしょう。
「左こめかみのうしろで血管が近いので取りきれないかもしれない」とありますが、これは脳のどの部位におきましても同様で、医師の常套句と思ってよいと思います。とりきれる可能性があるから手術すると判断したのでしょうから、まずは、手術がファーストチョイス(第一に選択されるべき治療法)です。
良性でとりきれる可能性がある場合には、最初から放射線治療(現実的には、ガンマーナイフ サイバーナイフ)は考えられません。 術後にどうしても残存した場合には放射線治療を考慮しますが、それも経過を見ながらというのが普通です。

良性腫瘍で、陽子線 重粒子線 治療は、論外です。

nou-no-moribitoをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問