JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

57才 男性です。 左上腕で血圧を測った直後、右上腕で測ると、だいたい20~30の違いが出ます。 左が140

解決済みの質問:

57才 男性です。

左上腕で血圧を測った直後、右上腕で測ると、だいたい20~30の違いが出ます。
左が140~150位で、右が120~130位の事が多いです。
血圧計は、上腕にマンシェットを巻いてボタン一つで測れるものです。

右手には、遠位橈尺関節癒合症があり、手のひらを上向きにすることができません。
上向きにしようとしても8 0度手前でロックします。
日常生活では、硬貨を受け取りにくいくらいの不自由さはあるものの、普段はさほど不自由は感じていません。

やや不自由さを感じる右手の方が、血圧が高ければ、まだ納得できるのですが。

ただ自分としては、右手の障害は、血圧測定には影響してないように思います。

一般的にこのような左右差はあるのでしょうか?
私の血圧は、どちらの手の血圧を基準に判断すればいいのでしょうか?

尚、毎朝1錠降圧剤を飲んでいます。

どうぞよろしくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
おはようございます。猫山と申します。

遠位橈尺関節癒合症がおあありとのことですが、血圧測定でカフを巻く上腕よりも末梢側ですので、私もこの合併症が血圧の値に影響を及ぼしている可能性は低いと考えます。

実際のところ、相談者様で認められるような「血圧の左右差」は、臨床現場では時に認められるものです。そして、あまり良い徴候ではありません。
血圧が低く出る側の動脈に狭窄が生じていることを示唆する所見だからです。

①高血圧は何年間患われていますか?

②他に、高血糖や高脂血症などはおあありではないでしょうか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で、回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承下さい。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機 能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきま す】
質問者: 返答済み 3 年 前.

早速のご回答有り難うございます。


血圧の薬を飲みだして2年位ですが、多分10年位前から高かったと思います。


 


血糖値も、薬は2年で、高い傾向は10年位前からです。


 


手を使うと(特に傘を差し続けるなど、負担は軽くても何かをし続けたとき)手指にしびれを感じます。


 


 


一か月ほど前から、健康回復の為に週3回ほど、1時間30分スロージョギングをしています。


 


ジョギングをした翌日の朝は、目が覚めたとき手にしびれを感じることが多いですが、1~2時間すると改善するのですが、ジョギングを続けてもいいでしょうか?


ジョギングを始めて(それまでも少し歩いたり走ったりを、週1回40分位はしていました)、血圧、尿糖は、非常に良好です。


 


宜しくお願いします。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.

ご返信ありがとうございます。

日本高血圧学会の高血圧治療ガイドラインでは、血圧測定に際して「初診時には両側上腕で測定し、左右差があれば高い方の血圧を採用する」と記載されています。つまり、ガイドラインで記載されるくらい、血圧の左右差は臨床現場においてしばしば認められる所見であるということです。
従いまして、相談者様の場合は、左腕で測定した値をご自分の血圧を反映していると考えられるべきでしょう。

近年の研究で、「本来上腕血圧の左右差はほとんどなく,±5mmHgの範囲内におさまるが,5-10%において左右差が10mmHg以上の症例がみられる。そのような症例では鎖骨下動脈の狭窄や末梢動脈の硬化性病変が多い。
本メタ解析によると,上腕収縮期血圧が10mmHg以上の症例では鎖骨下動脈の狭窄が有意に多く,また15mmHg以上では閉塞性動脈硬化章など末梢動脈疾患の合併のみならず脳血管疾患や心血管死,総死亡が多く,10mmHg以上でも末梢血管疾患が合併している確率が多いこと」(http://circ.ebm-library.jp/metaanalysis/01-13.html より引用)が知られるようになってきています。

相談者様におかれましては左右差が20mmHgありますので、これは有意な差であると考えられます。
現主治医に相談の上で、規模の大きな循環器内科を受診され、動脈硬化の程度について血管造影検査などで評価を受けられることをお勧めいたします。
それとともに、これ以上の動脈硬化の進行を防ぐために、より厳格な血圧の管理が行われる必要があると考えます。

 

ジョギング程度の運動は継続されて問題無いと思われます。

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

重ねて質問させていただいてもいいでしょうか?


とりあえず、近所の内科医院さんで、キャビイ検査が受けられることが分かり早速受けてきました。


右上腕152/90左上腕146/88 右足首184/80左足首181/85 でした。その先生のお話では、血圧は高いが、動脈硬化の心配はないということでした。


 


先生に相談させていただいたときは、素人である私の計った血圧をもとにお伺いしたわけですが、一応上記の様な検査結果が出たわけですが、それでも、大きな病院の循環器内科に行って、血管造影検査を受けた方がいいですか?


 


どちらにしろ、先生のおっしゃることには、とても納得がいき、感謝しております。


 

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
おはようございます。
ご連絡ありがとうございました。

CAVI検査でそのような結果が得られたのであれば、現時点でそれ以上精密な動脈硬化の検査を行われる必要は無いと考えます。

ただし、どちらの腕で計測しても150mmHg前後の血圧値が出るようですから、血圧のコントロールは今よりも積極的に行われるべきかと存じます。

医療 についての関連する質問