JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr-KUMAに今すぐ質問する
Dr-KUMA
Dr-KUMA, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 245
経験:  国立大学病院勤務経験あり
75835603
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr-KUMAがオンラインで質問受付中

私の父が、大阪府立成人病センターに入院していまして、医師から腹部の動脈瘤が危険な状態で  手術は出来ないと言われてい

解決済みの質問:

私の父が、大阪府立成人病センターに入院していまして、医師から腹部の動脈瘤が危険な状態で  手術は出来ないと言われています。
手術が出来ない理由ですが、父は現在74歳で30年前位に狭心症を患い服薬治療とカテーテル手術を何回か行っています。又、最近では糖尿病も発病して血管が弱くなっているためのようですが、
本当に手術は出来ないのでしょうか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr-KUMA 返答済み 3 年 前.
腹部大動脈瘤の直径が何cmか分かりますか?

よろしくお願いします。
質問者: 返答済み 3 年 前.

5.5㎜位らしいですが明日、母が病院に行き医師に詳しい内容を聞きに行く様なので、その内容を再度送らせていただきます。

専門家:  Dr-KUMA 返答済み 3 年 前.

ご返信ありがとうございます。

直接診察できませんので、一般的な回答になってしまいますが、ご理解下さい。

まず、腹部大動脈瘤は一般に5cm以上になると手術適応となります。おそらく、お父様も今回、大きくなったため手術の話になったのだと思います。しかし、手術をするということは手術に耐えうる全身状態である必要があります。おそらく、狭心症の既往があるとのことですので、おそらく血が固まりにくくする薬を内服中だと思います。この薬を飲んでいると、手術中に出血がコントロールできず、大変危険 な状態になるため、前もって薬を止める必要があります。また糖尿病のコントロールが悪く、高血糖状態で手術を行うと、感染症のリスクや脳障害のリスクが高くなるため危険です。おそらく、主治医の先生はそのような事から手術は危険といわれたのだと思います。

また、手術以外の方法としては、ステントグラフト内挿術というカテーテル治療があります。腹部大動脈瘤の治療としては比較的新しい術式です。 開腹手術と異なり、腹部を大きく切開することなく治療することができるので、患者さんへの負担が少なく、ご高齢の方や他に病気のある方でも安全に行うことができると言われています。しかし腹部大動脈瘤では、腎動脈との位置関係、下肢動脈の硬化性病変、動脈瘤の数や形が症例ごとに異なり、適応に制限があったり、血管損傷や動脈塞栓の危険性、遠隔期に動脈瘤が拡大するなど将来も破裂の危険が残る可能性もあると言われています。

 

医療においては主治医と患者の信頼関係が一番大切です。ぜひ、明日主治医の先生に分からない事は遠慮されずに何でも質問されて、納得の行く治療方針を主治医の先生と一緒に決められて下さい。 お父様の回復をお祈りしています。お大事にされて下さい。

Dr-KUMAをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問