JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr-KUMAに今すぐ質問する
Dr-KUMA
Dr-KUMA, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 245
経験:  国立大学病院勤務経験あり
75835603
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr-KUMAがオンラインで質問受付中

膵臓がんの一人暮らしの実の母76歳を引取り介護中です。 抗がん剤治療も体力的に不可能な状態です。現在、訪問診療を受

質問者の質問

膵臓がんの一人暮らしの実の母76歳を引取り介護中です。
抗がん剤治療も 体力的に不可能な状態です。現在、訪問診療を受けながらホスピスの順番を待っています。
医師からは、命の期限は、来年の春と告知されていますが、我が家には浪人生の息子がいるので、受験期だけでもどこかの病院か老人施設に入院させてほしいと思っていますが、訪問診療の医師も、お世話になっている入院施設のある病院でも、在宅での看取りの大切さを主張され、子どもにとっても大切な経験だ!と私の納得できる返答がもらえず、このまま自宅での看取りを覚悟しざるを得ない状況でいます。

在宅での看取りの大切さも十分理解していますが、我が子の大学受験も私にとっても息子にとっても重要なことです。

なぜか、私の周囲の医療機関は、在宅での看取りの大切さばかりを主張され、我が家の受験生の存在についての理解が得られません。

病院やホスピスでなくても癌患者を一時的に看てもらえる施設があれば教えて下さい。

母本人も、孫の受験に自分の存在が影響することを、病気以上に苦しみと感じています。

なにか良いアドバイスがあればよろしくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr-KUMA 返答済み 3 年 前.
ご質問ありが とうございます。

受験に集中できる環境を整えたいと思われる相談者様のお気持ち、とても分かります。

病院以外の利用できる可能性のある施設を以下に紹介します。

まず、特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)は、介護認定で要介護1~5と判定された人が利用できる施設で、経営の9割以上が社会福祉法人です。介護保険がはじまって以来、特別養護老人ホームの利用を希望する人が増え、入居申し込みをしている「待機者」がかなりいると言われています。このため、多くの市区町村(介護保険の運営に責任を持つ保険者)や特別養護老人ホームは、都道府県ごとに作られた「入所基準」などにもとづいて、介護の必要性が高い人から利用できるようにしています。 また、「吸入・吸引」や「「経鼻経腸栄養」など医療的ケアが必要な場合に、入居を断られる場合があります。入所基準に合う施設を探す必要があります。

次に、老人保健施設(介護老人保健施設)も特別養護老人ホームと同じように、要介護1~5の人が利用できますが、経営の7割は医療法人で、病院(急性期病院)の治療が終わり、自宅に戻るために、介護や機能訓練を提供する「中間施設」と位置づけられています。 ただし、特別養護老人ホームに入居できないなど、さまざまな事情で利用している人もいます。

また、値段は高くなってしまうと思いますが、介護付き有料老人ホームも存在します。

 ご家族の方と協力して、手分けして特別養護老人ホームや老人保健施設のほか、介護付き有料老人ホームを探されて下さい。
 またお母様の担当ケアマネジャーや支援相談員の方がいらっしゃれば、その方に相談されてみて下さい。もし、そのような方がいなければ市役所でも様々な情報を提供してもらえます。市役所が委託している地域包括支援センター(名称は市区町村ごとに異なります)にも相談できるので、問い合わせて、情報を集めてみてください。
 なお、特別養護老人ホームのほか介護保険サービス事業所は厚生労働省の「介護事業所検索」で調べることもできます。

ご子息の受験とお母様の介護、とても大変かと思います。少しでもお役に立てれば幸いです。
Dr-KUMAをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

解答、ありがとうございました。


親の介護はいつかあるとはわかっていましたが、なかなか現実として考えられず、勉強不足を反省しています。


 


高齢化が進み、病気でも延命を望まない母のような人達は、自宅で看取る事が一般的になっている事、これから介護をしなくてはならない私たちのような人たちに、家での介護や看護にたいしての学ぶ機会や場所が必要なことを強くかんじています。


 


主治医の先生にも、私や家族に病気や介護の知識がない事が不安だとお伝えしていますが、先生もお忙しくそこまでの対応は難しいのが現実のようです。


 


これからは、個人個人が介護に対する知識を自主的に得る努力が不可欠ですね・・・


 


回答の内容をよく調べたいとおもいます。


ありがとうございました。

専門家:  Dr-KUMA 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

自宅での看取りが少しずつ増えてきていますが、やはり医療の経験のないご家族の負担はとても大きいものです。介護する側が無理のない程度される方が、介護される側も安心できる場合もあります。
みなさまが過ごしやすい環境を作れるといいですね。

お大事にされて下さい。

また、何かありましたら、ご利用下さい。

医療 についての関連する質問