JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr-KUMAに今すぐ質問する
Dr-KUMA
Dr-KUMA, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 245
経験:  国立大学病院勤務経験あり
75835603
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr-KUMAがオンラインで質問受付中

胃ろう、するか戸惑っています。 要介護5の85歳の親が虚血性大腸炎で1ヶ月少し前に入院し、絶食と点滴治療で1ヶ月間

解決済みの質問:

胃ろう、するか戸惑っています。
要介護5の85歳の親が虚血性大腸炎で1ヶ月少し前に入院し、絶食と点滴治療で1ヶ月間で腸の状態をみて病状が落ちき、一週間前から言語療法士による食事が昼1回始まり、一ヶ月絶食状態で食事摂取が心 配だったのですが、昼間は寝ている事が多く、先日医師より口からの言語療法士の報告で栄養摂取が10%では難しいので胃ろうを勧められました。入院前から少しむせる事はありましたが、食事はゆっりですが食べれてました。昼食は投薬の加減で眠気が強く食事量が少なめでした。本人は食べる意思が有るので昼間だけの食事の判断で胃ろう踏み切る決断が出来ません。2日前から鼻から栄養を入れていただいてる状態で口からの食事は中断されました。
栄養状態が悪いので、回復するまで今の状態で落着いたら口からの食事は無理でしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr-KUMA 返答済み 3 年 前.
ご質問ありがとうございます。

胃瘻造設については医師の間でも意見がわかれるところです。治療方針についてはしっかりと主治医と話し合った上で、決めるべきですので、ここでの 回答はあくまでも一人の医師の意見として聞いて下さい。

私は胃瘻は出来る限り行わないという考えです。高齢者の場合、入院生活の中で日々、ADL(日常生活動作)の自立度が低下していきます。一度、胃瘻にしてしまうと、また口から栄養を摂取することはさらに難しくなってしまうと思うからです。また、食べるということはやはり口から行うことで、食べる喜びを持てるものだと私は思っています。少しでも口から食べられるのならば、少しだけでも口から食べさせてあげてはいかがでしょうか。
主治医の先生の胃瘻を作る上でのメリット、デメリット、胃瘻からまた離脱できる可能性などしっかりと相談されて決めて下さい。
お大事にされて下さい。
質問者: 返答済み 3 年 前.


ご回答有難うございます。


胃ろうをした場合、うまくいけばゼリー程度の食事をお楽しみ程度で食べれるとのお話でした。


出来る限り食事をさせたい気持ちですが、口からの少ない食事ではだんだん体が弱っていく様で心配のです。


それを考えると胃ろうからの栄養摂取した方が長生き出来るのでしょうか?


私としては長生きしてもらいたいのです。


少ない食事でも胃ろうせずに補う方法が何かございましたら教えて下さい。


宜しくお願いいたします。


 


 


 

専門家:  Dr-KUMA 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

たしかに、胃瘻を造設すれば、しっかりとカロリーが摂取できるので、長生きは造設しないより長生きはできると思われます。

また、少ない食事では栄養摂取は限られてしまいますが、ゼリー程度ならば食事を食べられるのであれば、とろみをつけて、色んな味を楽しめる可能性はあります。

少しでも長生きして欲しいという希望が相談者様にあるのであれば、胃瘻が適していると思います。
質問者: 返答済み 3 年 前.


即、回答頂き有難うございます。


やはり、食事だけでは長生きは可能性として難しいでしょうか?


何度もすいません。

専門家:  Dr-KUMA 返答済み 3 年 前.
鼻からの栄養でも栄養はとれますので、口から取れない分の栄養を鼻から補えば、他に問題がなければある程度生きられると思います。しかし、嚥下機能が低下している場合、誤嚥性肺炎のリスクはありますので、主治医の先生は胃瘻をすすめられているのかもしれません。

主治医の先生に何でも質問して、よく相談されるのがいいと思います。
お大事にして下さい。
Dr-KUMAをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問