JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 2816
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

傷害保険請求に関わるご相談で恐縮ですが、もし、ご助言いただければありがたいです。 1月の寒い時期に浴室で母(84歳

質問者の質問

傷害保険請 求に関わるご相談で恐縮ですが、もし、ご助言いただければありがたいです。
1月の寒い時期に浴室で母(84歳)が倒れていました。水を出しっ放しで、数時間経過したようです。
意識はありましたが、自力で動けなかったため同居している兄がコタツへ入れて様子をみていました。
翌日、兄から連絡を受けて、救急へ連れて行き点滴などの治療を受け帰宅しました。脱水症、急性胃腸炎との診断でした。
その後、精神科でアルツハイマー型認知症と診断されましたが、投薬などの治療は受けておりません。浴室で倒れて以後、自立歩行ができなくなり、屋内では四つん這いで移動するようになり、要介護3の認定を受けました。
その1年後に寝ている母を兄が布団から起こした際に、ボキッと音がして左大腿部骨折顆上骨折しました。病院へ行きましたが手術の必要なしとのことで、患部の固定のみで帰宅しました。
約二週間後、意識朦朧となり救急で治療を受けたところ、重症貧血、心不全、体液異常により一時危篤状態になり、そのまま入院(2.5か月)しました。
幸いにも一命を取り留めましたが両下肢全廃となり、現在は介護施設でお世話になっています。
入院中は全身管理が必要なため保存的加療を行ったとの病院の説明でした。
なお、浴室で倒れる以前は整形外科へ自分で歩いて通院しており、骨粗鬆症と診断されていました。
傷害保険の請求をしたところ、認知症による意欲低下でリハビリ進まず、骨粗鬆症による両下肢全廃である。と判断されました。疾病が原因であり、傷害(骨折)による両下肢全廃ではないため障害保険の対象とはならないとのことです。
以下に質問させていただきます。
1.浴室で倒れ、脱水症、急性胃腸炎の症状により、それまで歩けていた人が歩けなくなることがあるのでしょうか?歩けなくなるとしたら、どのような理由でしょうか?
2.認知症と骨粗鬆症で両下肢全廃(要介護5)になるのでしょうか?
3.骨折およびその後の重篤な状態、入院中の処置(保存的加療:骨折の患部は手術などの治療をせず、血栓のリスクがあり、しばらくの間安静を要した)が両下肢全廃の直接原因とは言えないのでしょうか?
以上、よろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんにちは。猫山と申します。

実際にお母様を診察できず、各種検査所見も拝見できないインターネット相談で1.~3.のご質問に回答することは難しいと思います。
すべて、「可能性としてはありえます」とお答えせざるをえません。

他院でセカンドオピニオンを求められるご意向はないのでしょうか?



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】

医療 についての関連する質問