JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr-KUMAに今すぐ質問する
Dr-KUMA
Dr-KUMA, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 245
経験:  国立大学病院勤務経験あり
75835603
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr-KUMAがオンラインで質問受付中

父親が2週間前に急に貧血で入院しました。胃の中で出血し、血が溜まっており、ヘモグロビン、血小板値とも極めて低く、輸血

解決済みの質問:

父親が2週間前に急に貧血で入院しました。胃の中で出血し、血が溜 まっており、ヘモグロビン、血小板値とも極めて低く、輸血と点滴をしている状態が続いています。血だまりが減らないので、出血箇所の特定ができず、処置の方法を決められないとのこと。ただし、不鮮明ながらCTの画像から、血だまりの裏に腫瘍があり、そこから出血しているのでは?とのこと。血を止める自己回復力が低下している、血液の数値状態が悪く、手術で更に出血させるわけにはいかないということで、本人は意識がしっかりして、しゃべれもするのに、現状の輸血と点滴を続けるしかないとのこと。また、次に大きな出血がおこった場合、延命措置をどうするのか決めて欲しいと担当医は言うのですが、原因がはっきりしないのが事実なのに、早く告知して、悪化の場合の措置に対する同意書を早く書かせてしまいたという病院側の都合ばかり押し付けられている感じで、前向きな対策、治療については何のプランも提案されておらず、ただ、死を待つだけというような状況になっています。セカンドオピニオンを受けようにも動かせる状態ではないので、どうすれば良いのか、悩んでおり、ご相談申し上げます。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr-KUMA 返答済み 4 年 前.
ご質問ありがとうございます。

お父様の突然の入院で、とても不安な気持ちになりますよね。突然延命措置の話をされた驚かれるのも無理はないと思います。し かし、輸血と点滴によりお父様は意識もしっかりあり、お話もできているのであれば、改善傾向なのではないかと考えます。もし、仮に2週間出血がコントロールできない状況ならば話せる状況ではないのではないかとお察しします。昔と比べ、インフォームドコンセントと言って、どんな治療も患者様やご家族にしっかりと説明し、同意をとってからの治療というのがとても重要視されるようになってきました。主治医はもしもの時に備えて、準備されたのだと思います。
不安なご家族な気持ち素直に伝えられたらいかがでしょうか。意識もはっきりされているのなら、点滴をつないだままの転院も絶対不可能というわけではありません。主治医の先生に時間を作ってもらって、どんな事でも質問されるのがいいと思います。腫瘍の可能性はどれくらいなのか、命が危なくなる可能性はどれくらいなのか、入院後の採血で貧血は改善してきているのかなど、分からない事は何でも聞かれてみて下さい。セカンドオピニオンも考えてるという事を、おっしゃられてみてもいいと思います。

お大事にされて下さい。
Dr-KUMAをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問