JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

猫山司に今すぐ質問する

猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14144
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

妻がてんかんと診断されてからおよそ二年間、処方されたてんかんの薬を 現在も服用し続けております。 本日妻と一緒に

解決済みの質問:

妻がてんかんと診断されてからおよそ二年間、処方されたてんかんの薬を
現在も服用し続けております 。
本日妻と一緒に同行して、夫の私が担当の医師に話を伺ったところ、最後
の発作から再発もなく、経過は良好だとして今後もこの治療を続けていく
と話していました。
そこで私は以前から疑問に思っていた、そもそもなぜ妻はてんかんと診断
されたのかと伺うと、それは意識を失って搬送されたことが複数回あり、
脳波にもてんかんの症状と同じ波形が見受けられたからだとおっしゃいま
した。
しかし妻にも話を聞いたところ、意識を失って倒れたことは二年前の時が
初めてで、それ以前にはないと話しており、医師にも診断でそう伝えたと
話しております。
また担当の医師は一度倒れただけでは、薬を処方することはないと話して
います。
そこで私が医師に再度てんかんの検査をしてくれるよう依頼したところ、
いつ薬をやめても構わないが、予後が悪くなる。
好きにしてもらって構わないと言いました。
その後セカンドオピニオンを希望するなら紹介状を書くと言ってきました。
私はこの医師の患者に対する誠意のなさ、診断結果の把握の曖昧さから、
積極的にセカンドオピニオンを選択する意思を持っております。
以上のことから、受診者に対して誠実に対応して頂ける医師、病院を探して
おります。
先生方のどなたか、てんかんの検査で信頼のおける医療機関をご存知の先生
はいらっしゃるでしょうか?
どうぞよろしくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】


こんばんは。猫山と申します。神経内科医です。

てんかんをきちんと診られる知識を有した医師(診療科としては神経内科、脳神経外科、精神科になります)はきわめて少ないのが現状です。
てんかんは、脳波検査ができれば診断が付くという単純な疾患ではありません。大半の患者様は発作時以外に脳波異常はありませんし、逆に、正常脳波ではない脳波所見を呈する患者様が皆てんかんと診断されるわけではありません。

「てんかんの検査で信頼のおける医療機関」ということになりますと、てんかん専門医がいる医療機関ということになります。

以下のサイトから日本てんかん学会認定のてんかん専門医が検索できますので、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本てんかん学会認定 てんかん専門医】
http://square.umin.ac.jp/jes/senmon/senmon-list.html

ただし、上記のリストに名前が挙がっている医師の過半数は小児科医です。
奥様は成人ですので、この中から神経内科、脳神経外科、精神科の医師を選んで受診される必要がありますので、ストライクゾーンは小さくなります。
また、「受診者に対して誠実」かどうかは、主観が混じる部分ですので、これについては保証しかねます。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 3 年 前.
ご返答頂きましてありがとうございます。
お答え頂いた内容から更に一歩踏み込んで
お伺いしたいのですが、その狭いストライ
クゾーンはどうやって調べればいいのでし
ょうか?
運任せに頼るしかないのか、もしくは何か
知る手掛かりなどあるのでしょうか?
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

「成人を診られるてんかん専門医」というだけで稀少ですから、その以上の要素については、受診されてみて初めてわかる、くらいのおつもりでおられた方がよろしいと思います。
質問者: 返答済み 3 年 前.
成人を対象とした診断を専門とする機関が乏しい
のならば、何をもって妻はてんかんと診断された
のでしょうか?

また別の医療機関によっててんかんではないと診
断された場合、前の診断は誤りであったと証明で
きるでしょうか?

どうぞご教示願います。
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
診断が合っているか間違っているか、ということですと、奥様が「意識を失って倒れたことは二年前の時が初めてで、それ以前にはない」ことが事実なのであれば、別の医療機関を受診するまでもなく間違っています。
てんかんとは「十分な情報(病歴)を収集すること,および発作の現場を目撃することがてんかんの診断に最も有用である.主訴は多くの場合,けいれん発作(非けいれん発作の場合もある)であるが,てんかんと診断するためには,少なくとも2回以上の発作を要する」からです(http://www.neurology-jp.org/guidelinem/epgl/sinkei_epgl_2010_02.pdf より引用。CQ1-2参照)。

現主治医が「一度倒れただけでは、薬を処方することはない」と言っている通り、「孤発発作(生涯で1回のみの発作)では,原則として抗てんかん薬の治療は開始しない」(http://www.neurology-jp.org/guidelinem/epgl/sinkei_epgl_2010_04.pdf CQ-3-1)ことになっています。

※引用は全て、「てんかん治療ガイドライン2010|日本神経学会治療ガイドライン|ガイドライン|日本神経学会」(http://www.neurology-jp.org/guidelinem/tenkan.html)より。

よって、
> 何をもって妻はてんかんと診断されたのでしょうか?
これは、現主治医が、何故だか奥様が「意識を失って搬送されたことが複数回」あると信じており、かつその主治医なりの評価として脳波異常があると判断したからでしょう。
質問者: 返答済み 3 年 前.
度々の質問にも関わらず、丁寧なご返答ありがとうございます。

最後に一つ質問を致します。

セカンドオピニオン先について、猫山先生の助言を頂きたく思
います。

一、てんかん学会所属の医師

一、臨床数(小児・成人問わず)上位の総合病院

一、検索サイトで好評の口コミが投稿されている医院

一、国内有数の設備を誇る総合病院

以上の選択肢であればどれがより良い選択肢なのか、
または一つではなく複数選択するべきか、教えて頂き
たく存じます。
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.

難しい質問です。

 

まず、「国内有数の設備を誇る総合病院」はお勧めしません。てんかんに特化した、てんかんの検査のための設備が整った施設でなければ意味はありません(従いまして、総合病院でもてんかん診療の体勢が充実しているのであれば問題はありませんが)。
地理的条件等を無視すれば、てんかんで日本最高峰の施設は、静岡てんかん・神経医療センターです。
http://www.shizuokamind.org/hospital/

 

ここはてんかんにほぼ特化した施設です。

 

口コミは、色々なバイアスがかかりますし、ステルスマーケティングのような問題は病院検索サイトでも行われているようですから、これもまた信頼性が高いとは言えません。

 

無難な回答にはなりますが、専門医の認定は受けていなくてもてんかん学会所属の医師がいて、てんかん患者様の年間診療数を公表しているような病院を、私ならば選ぶと思います。

猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14144
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.
まずは妻に対するてんかんの診断が誤りであったか
どうか、セカンドオピニオンにおいて証明していく
方向で検討しております。

ただ一つ不安は、カルテの情報開示を求めた際に改
竄さ れるのではないかということです。

セカンドオピニオンに選んだ病院で診察を受ける前
に、現在のところ通院している病院に対して、てん
かんの診断に至る経過概要となるもの、例えばカル
テやクリニカルパス等の提供を求める考えでいるか
らです。

通常このような患者からの要請に対して、病院は応
じて頂けるものでしょうか?

もしよろしければ教えて頂きたく存じます。
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
セカンドオピニオンを受ける際に前医から紹介状を受けとることは必要ですし、それは現主治医も吝かではないと言っているわけですよね。

ただ、カルテとなると、開示義務はありますが、病院ごとに所定の手続きがありますので、それに則って手続きを行う必要があります。
その過程での改竄を防ごうとするならば弁護士を立てての保全手続きが必要になりますから、そこまでしようと思うのであれば、法律カテゴリーでご質問いただくのがよろしいかと存じます。
質問者: 返答済み 3 年 前.
わかりました。

どうもありがとうございました。

現段階ではカルテまで求めるつ
もりはありませんが、もしもの
場合に備える心構えとして参考
までに伺いました。

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • Dr_GATO

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    300
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    医師

    満足した利用者:

    340
    総合診療医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/horacicurgeon/2015-11-16_288_doctorbanner.64x64.jpg Dr.K さんのアバター

    Dr.K

    医師

    満足した利用者:

    162
    医師、医学博士として、臨床及び研究に10 年以上従事。専門は呼吸器疾患で、特に呼吸器がん(肺癌、悪性胸膜中皮腫など)や喘息、COPDなどの呼吸器良性疾患及び、一般外科、救急医療に関しても精通しております。呼吸器外科専門医、呼吸器専門医、気管支鏡専門医、がん治療認定医、外科専門医、産業医。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/PC/PchanDr./2013-5-7_01659_IMG2692.64x64.JPG P-chanDr. さんのアバター

    P-chanDr.

    医師

    満足した利用者:

    40
    泌尿器科専門医・指導医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HE/heartDr./2014-7-24_112459_TshirtFemale5B15D.64x64.JPG Dr-KUMA さんのアバター

    Dr-KUMA

    医師

    満足した利用者:

    125
    国立大学病院勤務経験あり
 
 
 

医療 についての関連する質問