JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

偶然にここの掲示欄を見付けました。御質問いたします。宜しくお願い致します。 私は70歳以上です、 昨年倉庫の片付

質問者の質問

偶然にここの掲示欄を見付けました。御質問いたします。宜しくお願い致します。
私は70歳以上です、
昨年倉庫の片付けをやりましたところ、ダニ状の生物が身体に住み着いてしまい取り除くのに苦労しています 。若いときは皮膚薬軟膏を塗れば2,3日でとれましたが、体力が低下したのか、身体からとれません。部屋と倉庫を2回ほど燻蒸したところ幾分収まりました。しかし、シャツ類を着ると身体が痒くなります。(今は虫は体に着いていないようです)
ダニ状の生き物はネットで調べましたがダニの様に足はありません。PCの顕微鏡(玩具)でみると、腹状の位置に横に縞模様が有り、これが生物かと思われる様なグロテスクな生き物です。おおきさは、0,1ミリくらいから大きくても1,2ミリくらいです。黒色、体表は粘着性あり、ネズミのふんのようですが、これが下着にいるとあかくはれます。ひどいときは食いついた後が出来ます。(今はない)もう、アレルギー体質になっている様な感じです。
今は市販のマニューバを塗っています。アレルギール錠(三共製薬)を時々飲んでいます。
もう2年になろうとしています。
ほとほと生活に難儀しています。このかゆみと虫が居なくなれば最高ですがどうにかなりますでしょうか。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

こんにちは。猫山と申します。

 

①昨年来この「ダニ状の生物」の問題で困られているのに皮膚科を受診されていないのはなぜですか?

 

②「若いときは皮膚薬軟膏を塗れば2,3日でとれました」とのことですが、それはつまり、お若い頃から皮膚にこの生物がもぐりこむことはあったということでしょうか。過去にも、皮膚科を受診されたことはないのでしょうか。

 

以上、確認させていただけますと幸いです。

※ご返信いただくタイミング次第で、回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

 

 

 

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】

質問者: 返答済み 4 年 前.


有り難う御座います。


1)皮膚科に5,6月頃通院しましたが、ちょうどその時右腕に帯状疱疹が出来て、私はそれをダニの害と思い違いして、診察を受けました。私の皮膚科医に対する説明は、前述の内容通りです。多分医者は皮膚が痒いのはこの帯状疱疹であると断定して、ダニ状の害については対して的確な判断を出しませんでした。


2)若いときは皮膚科には行きません。かゆみを感じたのは一時期(2,3日)でした。その後何十年とありません。またこの倉庫に入ると痒くなるので、長い間全く入りませんでした。


3)この頃通院しようと思いましたが、保険証がどこにあるか失念しました。再発行できるのですが、昨年度やっているので、見つかるまで通院は待ちの状態です。


4)この黒い生き物は何であるか、実物を送らないと無理でしょうけれど、知りたいものです。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

ご返信ありがとうございます。

相談者様は皮膚寄生虫妄想を呈されている可能性が高いと考えます。

「患者は,昆虫,線虫,ダニ,シラミなどの生き物に感染しているという確固とした信念をもっている。患者はしばしば,どのようにして生き物が皮膚から侵入し体中を動くかについて生き生きと描写し,感染が真実であることを証明するため,スライドガラスの上や容器の中に毛,皮膚,および乾燥した痂皮,ほこり,リントのようなゴミをもってくる。
(中略)
治療には抗精神病薬を用いる(統合失調症と関連障害: 治療を参照 )。典型的な場合,患者は薬剤が感染自体に有効であることを確認しようとし,治療の目的が感染以外であることを示唆すれば抵抗および/または拒絶する」(http://merckmanual.jp/mmpej/sec10/ch121/ch121c.html より引用)

実臨床でもこの症状をもつ患者さんを何人か診ましたし、このJustAnswerでも複数の相談者様からご質問を受けましたが、上記下線部のような特徴がある疾患であるために「皮膚寄生虫妄想」という回答に納得していただいたことはありません。

よって、プラス評価をいただけないことを承知の上で回答しますが、保険証がみつかったらまず皮膚科を受診され、寄生虫が否定されたら精神科を受診されることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。

医療 についての関連する質問