JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14294
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

先日、息子が学校で貧血で倒れ 顎の骨を折り、入院しました。その時に貧血の原因を調べる為に脳波の検査もしました。今日、担当の小児科の先生から

解決済みの質問:

先日、息子が学校で貧血で倒れ 顎の骨を折り、入院しました。その時に貧血の原因を調べる為に脳波の検査もしました。今日、担当の小児科の先生から てんかんの疑いがあると言われ 次回、MRIの検査もすると言われましたが、倒れた時に けいれんもしてないのに、てんかんを疑うのでしょうか?たまたま、打ち所が悪くて怪我をしてしまったと思っ
ているのに、何だか無理矢理病名を決められてしまった感があって、もやもやしてます。投薬も勧められました。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんばんは。猫山と申します。神経内科医です。

てんかんにはざまざまな発作型があり、一般にイメージされているけいれんを伴うてんかんはその一部にしか過ぎません。
まったくけいれんを起こさずに脱力や転倒するだけの、間代発作や脱力発作という症状をていするタイプのてんかんもあるのです。
http://syaho-yakuzai.net/news/news13031501.pdf

とはいえ、12歳の男の子が倒れただけではてんかんの薬物療法までは勧めないと思います。

①問診において特徴的な所見が得られたか、脳波で異常所見が得られたかしたのではないかと推察しますが、てんかん疑いという診断の根拠についてはどのように説明を受けられていますか?

②「打ち所が悪くて怪我をしてしまったと思っているのに、何だか無理矢理病名を決められてしまった感があって、もやもやしてます」とのことですが、今回のこのご相談では、どのような回答をお求めになっているのでしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.
すみません。勉強不足で 最近の事故などのイメージで、てんかんと聞いて レッテルではないですけど、あまり良いイメージではありませんでした。なので 今後の子供の事を思うと認めたくなかったのかも知れません。小児科の先生は専門ではないので…。と前置きをされて 投薬を勧めて来たので 一般的な事を言ったのかもしれません。回答をいただいて 少し冷静になりました。次回 MRIの時に専門の先生からのお話をちゃんと聞いてみたいと思います。が投薬を勧められたら、その通りにした方がいいのでしょうか?息子はサッカー部に入っていますが、薬を飲んでいてもサッカーを続ける事は出来ますか?
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.

ご返信・追加情報ありがとうございます。

てんかんというのは、仰る通りのイメージを持たれがちな疾患です。
70%の患者様は薬物療法で発作が完全にコントロールされます。この70%を多いと感じるか少ないと感じるかは、医療者と一般の方々とでは違ってくるところでしょう。

ご子息を実際に診察も検査もいたしておりませんので一般論になりますが、12歳の男の子が倒れる場合、確率的にもっとも多い原因は起立性低血圧です。
相談者様は「貧血」という言葉を使われましたが、貧血とは血液中の赤血球の数が少ない、もしくは成分が薄い状態のことを指します。これは血液検査ですぐにわかりますし、倒れるほどの貧血を呈することはかなり稀です。

朝礼で子供が倒れるとよく「貧血で倒れた」と言いますが、これは本当は血圧低下による脱力・意識の消失であることが大半です。
未成年では血管や心臓をコントロールする神経系が未熟なので、ささいな負荷で血圧の低下をきたすことがあるのです。
「夏休みに足を骨折して 1ヶ月程運動などせずに 2学期を迎え 急にハードに部活などをしてしまった」のであれば、この血圧低下をきたしやすい状態であったと言えます。第二の心臓と呼ばれる足の筋肉が落ちて下肢から血液が上がりにくくなっているでしょうし、心機能も衰えているはずだからです。

よって、ご記載から得られるかぎりの情報からは、てんかん以外の理由でご子息が倒れた可能性の方が高いとは思われます。
診察した小児科医も、確信があるわけではないけれど、「見落としてはいけない疾患」の一つとして念の為、てんかんの可能性を探ろうとしているのかもしれません。

一般的には、脳腫瘍や脳動静脈奇形といった特別の原因があるてんかんでなければ、MRIでは何も映りません。MRIはそうした原因を除外するためにこれまた念の為に行う検査だと思ってください。
てんかんの診断の決め手となるのは、専門医による問診と脳波所見です。

次回、小児神経の専門医がご子息を診察して、はっきりとした根拠が示されててんかんの診断が付き、その上で服薬を勧められた場合は、それに従われた方がいいと考えます。抗てんかん薬を服用していても、スポーツに支障は及びません。

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.
こんにちは。回答どうもありがとうございました。脳波の検査でてんかんの波があると言うことは、現実と受け止めて、今後の生活を前向きに考えます。その上で MRIの検査の必要性も分かり、更なる不安もありますが 気持ちが楽になりました。夜
遅くにもかかわらず 本当にありがとうございました。

医療 についての関連する質問