JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14294
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

一日十数回トイレにそしてその都度一時間出てこれない 夜処方された睡眠導入薬をのんでもトイレに起きておなじことを繰り返

質問者の質問

一日十数回トイレにそしてその都度一時間出てこれない 夜処方された睡眠導 入薬をのんでもトイレに起きておなじことを繰り返す。朝九時ごろから眠剤を追加してやっと睡眠にはいりPM二時ごろ起床。もうろうとして朝の食事六時泌尿器を中心とした薬を服用
時々仮眠するがすぐトイレ起きそして一時間  オムツはしているが気持ちが悪いので役にたたない・この生活を一年続け今後も同じとすれば結果はみえている 二ヶ月一回の診察で説明しても薬をすこし変えるだけ。
薬はウブレチド ベタニス ミニプレス エカード 他眠剤 便秘薬 年齢82 なんとかセカンドオピニオンで改善の余地ありませんか
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんにちは。猫山と申します。精神科医です。かつては老人率が日本一の市の市立病院で神経内科兼任で3年間勤務し、ご高齢の患者様をたくさん診てきた経験があります。

少し補足情報を下さい。

①患者様(82歳女性?)と相談者様のご関係を教えて下さい。

②この患者様に、泌尿器科で診断は着いているのでしょうか。

③高齢者の方では、排尿・排便に病的な執着、こだわりを示すようになる方がおられます。この患者様の場合も、そういった問題ではなさそうですか?
http://ansinkaigo.jp/questions/?action_questions_detail=true&id=7467
http://sumisei.ansinkaigo.jp/comments/?action_comments_list=true&id=7876

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
情報リクエストにご返信いただけますと幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では、診断に関わるご質問はもっとも回答が難しいもののひとつですが、この82歳女性の場合、高齢者のうつ病の典型的な病像を呈しているように思われます。

【心気症】
http://health.goo.ne.jp/medical/search/10450600.html

身体的な訴えが前面に出ることは、老年期のうつ病の特徴です。

【高齢者のうつ病】
http://www.tokyo.med.or.jp/publications/genki/0069/03.php

精神科、それも老年精神医学の専門医療機関を受診されることをお勧めいたします。

老年期の精神疾患(うつ病、認知症、その他)は、「老化」を抜きに考えることはできません。
第一に、脳の器質的な変化による心身の機能低下は、ストレスに対する耐性の低下につながり、小さな変化や刺激でバランスを崩しやすくなります。
第二に、社会生活の面では「喪失」を余儀なくされる年代にあたり、退職、重要なポスト(役職)からの引退、収入減少、配偶者や友人の死など、失うもの の多さ、大きさに愕然となることが多くなります。
一 方、治療する側からみれば、老化の程度は人によってさまざまだということが診断や治療を難しくしています。人の名前が思い出せない、物を置いた場所を すぐに忘れるなど、医学的になんら問題にならないような変化を自覚するにとどまる人がいれば、深刻な認知症に進む人もいます。
これらの人々で は、障害の現れ方も多様なものとなり、薬物療法、精神療法も個々のケースごとに異なる対応が求められます。
身体機能の低下に伴う副作用の現れやすさも、高齢者の治療を難しくする要素の一つです。

こうした側面があるために、一般の精神科・心療内科では、一定以上の年齢の患者様には十分な対処ができない場合が少なくありません。

下記のサイトから、日本老年精神医学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本老年精神医学会認定 こころと認知症を診断できる病院&施設】
http://184.73.219.23/rounen/H_sisetsu/r-H.htm

以上、ご参考になれば幸いです。

医療 についての関連する質問