JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14367
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

小学6年男児です。昨日、13時頃にスポーツ少年団の運動会で父におんぶされ走る競技で父が膝から転んだため前のめりになり

解決済みの質問:

小学6年男児です。昨日、13時頃にスポーツ少年団の運動会で父におんぶされ走る競技で父が膝から転んだため前のめりになり地面に顎を強打。顎を冷やしたが1時間後に頭痛と吐き気を 訴えたため、脳神経外科で顎のレントゲン頭蓋骨と脳のCTをとり検査したが異常なし。夕方には頭痛も落ち着いて軽く食事をして21時に就寝。翌6時に起床した時はなんともないと言って野球の自主錬でシャドウピッチングをしていたら、再度、頭痛と吐き気がするといって横になり休んでいます。朝食が食べられず、8時にプリンを1個食べました。今は大分良くなったが、まだすこし痛いようです。様子を見ていていいでしょうか?今週末に学校の運動会があるので明日から練習させていいものか悩んでいます。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】

 

 

こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。
各種スポーツイベントで大会ドクターを務めています。

 

 

ご子息は広義の脳震盪を起こされている可能性が高いと思います(厳密には脳震盪は「頭部打撲後、短時間の記憶喪失を伴う一過性の意識消失のこと」ですから、それに準じた状態ということです)。

 

日本ではスポーツにおける脳震盪について「大らかな」対応がなされる傾向がありますが、スポーツ医学が進んだ米国では、ご子息のような症状を大した患者様の経過観察は非常に慎重に行われます。

ご子息はまだ脳の発達途上にある年齢ですから、やはり注意深く対処されるべきでしょう。

 

運動会の練習ですが、IRB脳震盪ガイドラインでは、「すっかり症状が消失するまで心身ともに安静を保てるように管理することである。症状を隠してしまう恐れのある薬物(例:頭痛薬、抗うつ剤、睡眠薬、カフェイン)の投薬無しに、最低限、連続して24 時間症状が認められなくなるまで、集中力や注意力の求められる活動は避けなければならない」 とされており、私もこれに準じてご子息の練習参加を考えることを推奨いたします。

 

頭痛、吐き気が続くようならば、脳神経外科の診療時間内にもう一度受診される方がよいだろうと思います。

今週末の運動会への参加も含めて、診察医とよく相談なさってみて下さい。

 

以上、ご参考になれば幸いです。

 

 

IRB脳震盪ガイドライン

http://www.rugby-shizuoka.jp/wp-content/uploads/2011/09/28df3168d505e68a0664396d62c38e5a.pdf (7~8ページ参照)

猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問