JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4105
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

5年前に「肝臓細胞がん」で、外科的治療を受け2ヶ月後に「腹膜播種」の転移が確認されました。 その時点で抗がん剤治療

解決済みの質問:

5年前に「肝臓細胞がん」で、外科的治療を受け2ヶ月後に「腹膜播種」の転移 が確認されました。
その時点で抗がん剤治療として「UFTカプセル100mm」を4年間服用しました。
 現時点で、「肝臓」の以上はないと言われておりますし、「腹膜播種」の方もCT検査ではほとんど確認されないとも言われました。しかし012年7月に「PIVKA-Ⅱ」が461に10月13367・11月に
3603・013年1月に18724・4月には32298という数値になっております。
 「総AFP量」は3.3~3.7の間で正常値内です。
現在かかっている医師は、はっきりとしたことを話してくれません。このまま放っておいても構わないものでしょうか。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
総AFP量はPIVKA-Ⅱの値と相関しないしないことが報告されています。PIVKA-Ⅱの値は著明に増加していることから再発の可能性があります。CTの検査を腹部のみではない頭,胸部を含めて撮ってもらってください。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問