JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

48歳の男性です。下垂体腺腫の手術のタイミング、について伺います。 2週間ほど前にちょっとした頭痛で内科を受診

質問者の質問

48歳の男性です。下垂体腺腫の手術のタイミング、について伺います。

2週間ほど前にちょっとした頭痛で内科を受診したところ、たまたまその内科にCTがあったため念のため頭のCTを撮ったところ、医師から「下垂体が少し大きく写っている」と言われました。

精密検査を受けたほうが良いと言われ、先週紹介状とCTのフィルムを持っ て総合病院の脳神経外科と眼科を受診し、診察・血液検査・MRI・視力および視野の検査を受けました。

結果、脳神経外科の医師から「約2cmほどの下垂体腺腫(良性)」との診断を受けました。
眼科の検査では、今のところ視力や視野に全く異常は無く、自覚症状もありません。
CTを撮るきっかけになった頭痛も、今はありません。

血液検査の結果、プロラクチンの値が高くないため、投薬治療が効くタイプの下垂体腺腫ではなく、
根治するには手術が必要なので、いつでも紹介状とMRIのフィルムを用意するから、緊急ではないけれどなるべく早いうちに腕の良い先生のいる病院で手術を受けたほうが良い、と言われました。
(他のホルモン値等の検査はしていないようです。また先生は、ご自分のところでは手術をしたがっていないご様子でした。理由は分かりませんが、多分ご多忙なためかと思われます。)

ただ、私事になりますが、私は最近になって新しい仕事を始めたばかりで、しばらくは入院・手術等のために仕事を休むのが困難です。総合病院の医師にもその事を伝え、まだ自覚症状が出ていないという事もあり、半年後(来年の3月)に再度受診の予約を入れてもらい、それまでは経過観察、という事になりました。

帰ってきてから、自分でも素人なりにネットや本で下垂体腺腫の事を勉強したのですが、
「下垂体腺腫は、見つかってもすぐに手術する必要は無い。まして自覚症状が出ていない段階では、性急に手術を受ける事によって後遺症等による生活の質の低下を招く事になるので、自覚症状には注意しながらも半年や1年毎に受診・検査をして、数年単位で経過観察をするのが良い。それからでも手術は遅くない。」
という旨の、医師や医療従事者の記述を多く見かけました。(例:東大病院HP等。)

次に受診するのはまだ半年後の話なのですが、現在の主治医(総合病院の医師)はどうも手術を勧める事に積極的なようなのです。要は、「脳に(良性とはいえ)病巣があるのだから、さっさと手術して取ってしまえばいいじゃないか?」というお考えのようです。

私としては、今は仕事と、それを続けられる生活の質の維持が一番大切なので、いずれ手術をしなくてはならないのは分かっているのですが、そのタイミングは、経過観察をして頂きながら出来るだけ先に延ばしたい、というのが本音です。

私のこの考えは間違っているでしょうか?また、例えば視野等に自覚症状が出てから手術をするのは、今すぐ手術をするのと比較して、何か不利益(手術が困難になるとか、術後の後遺症が重くなるとか)があるのでしょうか?

ご回答をお待ちしております。よろしくお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

結論から申し上げれば、手術を行わずにフォローアップした場合の予後に関するレベルの高いエビデンス(根拠となる研究結果)が無いために、個々の医療機関の方針や医師の考え方によって手術のタイミングは大きく分かれることになります。

相談者様の下垂体腺腫は、ほぼ偶然みつかったという点からは「下垂体偶発腫」、ホルモン分泌をしていないのであれば「非機能性下垂体腺腫」ということになりますが、後者に関しては検査がなされていないわけですよね。

こうした、偶発腫に関してもっともしっかりとしたエビデンスに基づくガイドラインは米国の「An Endocrine Society Clinical Practice Guideline」になると思われます。
http://jcem.endojournals.org/content/96/4/894.full.pdf

これに従えば、相談者様の場合は手術はせずに経過観察でかまわないということになる可能性が高いのですが、回答するためにはもう少し情報が必要です。

①腺腫の大きさは1cm以上でしょうか、未満でしょうか。

②腺腫は視神経に接する位置にあるでしょうか。

③成長ホルモン、副腎皮質ホルモンの検査は行われていないということですね?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機 能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.

返答致します。


 


①質問に書きましたとおり、「約2cmほどの下垂体腺腫(良性)」との診断を受けています。


 


②MRI検査の結果、主治医の話では、「下垂体腺腫は視神経の近くにある(下垂体自体が元々、視神経の近くにある)けれども、まだ視神経には触れていない」との事です。


 


③「成長ホルモン、副腎皮質ホルモンの検査」は、していません。


 


以上です。よろしくお願い致します。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。
腺腫の大きさの記載見落としについてお詫び申し上げます。

日本には、下垂体偶発腫に対する治療ガイドラインはありませんので、治療方針が医師ごとに異なることは前述の通りです。下垂体腺腫に関して日本人と西洋人との間で人種差はありmせんので、前期のガイドラインに沿って、エビデンスに基づいた対処につき以下に述べさせていただきます。

******************
まず、下垂体ホルモンの分泌異常の有無について検査が行われることが推奨されます。
We recommend that all patients with a pituitary incidentaloma, including those without symptoms, un-dergoclinical and laboratory evaluations for hormonehy-persecretion.

また、下垂体機能の低下の有無を確認することが推奨されます(腺腫が大きくなることで組織が圧迫されて機能低下を起こすことがあるからです)。
We recommend that patients with a pituitary inci-dentaloma with or without symptoms also undergo clinicaland laboratory evaluations for hypopituitarism

他には視野欠損の有無と、MRIによる腺腫の位置の確定が初期評価の項目として挙げられています。

******************
無症状の下垂体偶発腺腫に対する治療選択肢は経過観察であって手術ではない。

経過観察とはMRIによる腺腫の増大の確認。マクロ下垂体偶発腺腫(1cm以上)の場合は1年に1回の経過観察が望ましい。

経過観察中に「視野異常」「視神経・視交叉の圧縮」「眼球運動の障害」「下垂体卒中」「腫瘍の急激な増大」「ホルモン産生異常」「絶え間ない頭痛」などが認められた場合は手術治療を行う。

******************
つまり、相談者様が東大病院のWebサイトで確認された情報が、米国のガイドライン≒グローバルスタンダードに近い考え方であると言えます。

「いずれ手術をしなくてはならないのは分かっているのですが、そのタイミングは、経過観察をして頂きながら出来るだけ先に延ばしたい」という相談者様のご希望は、従いまして、医学的見地からも至極まっとうなものです。
腺腫が大きくならない可能性もありますから、結局ずっと手術は必要でない場合もありえるわけです。

「視野等に自覚症状が出てから手術をするのは、今すぐ手術をするのと比較して、何か不利益(手術が困難になるとか、術後の後遺症が重くなるとか)がある」ということもありません。

今後の治療方針については、他院でセカンドオピニオンを受けられて、慎重に決定されるべきであると考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.
再投稿:その他.
より多くの意見を聞きたい。

医療 についての関連する質問