JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

去年の9月から倦怠感、頭重が出てきて、初めは風邪だと思い内科や耳鼻科を周り、血液検査や免疫検査の結果も異常はありませ

解決済みの質問:

去年の9月から倦怠感、頭重が出てきて、初めは風邪だと思い内科や耳鼻科を周り、血液検査や免疫検査の結果も異常はありませんでした。最終的に11月に心療内科に行き、デパスとドグマチールを処方されてピタりと症状は治まりました。それから現在まで薬を飲み続 けています。しかし今年の6月に再発、現在は頭の重さと目のショボショボ、倦怠感があります。

仕事中、仕事外、平日も休日も関係なく常に頭が重いです。

心療内科医には「病気ではない、今年から始まった職場に慣れるべきだ」と言われました。しかしもう頭が重く集中力が続かないため仕事にも力が入りません。また職場以外でも症状が出るので仕事も関係あるのか分かりません。

私は何科を受診すればいいでしょうか。先日受けた血液検査も異常は一切ありませんでした。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんばんは。猫山と申します精神科医です。

少し補足情報を下さい。

①心療内科での診断を教えて下さい。病気ではないのになぜお薬が処方されているのでしょう?

②現在の症状は去年の9月の症状と同じですか? 職場の状況も似ているのでしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミングによっては回答が少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.

①心療内科での診断は、2013年の2月の時点では敢えて病名を付けるなら「不安障害」とのことでした。その後、2月以降から諸事情で心療内科に通えなくなり、症状が悪化したので4月に会社に入社してからまた通い始めました。

 

 

 

服薬ですが、2012年11月に初めて心療内科に行った時はデパス、ドグマチール、デプロメール25mgを処方されてその日のうちにピタリと治りました。

 

その後、今年の6月辺りから頭が重くなって薬を色々と変えてもらました。

 

ジェイゾロフト、デプロメール50mg、ノリトレン10mgと25mg*2、等試しましたがどれも副作用ばかりでかえって症状が悪化してしまいました。その結果として今初めから飲んで効いていたデパスとドグマチールを飲んでます。

 

 

 

②2012年9月の症状は「顔のほてり」「全身の倦怠感」でした。現在の症状は「頭の重さ→集中力が続かない」「目がしょぼしょぼする」です。現在は酷過ぎる時は社会生活を送るのもやっと、という日があるくらい頭の重さが酷いです。倦怠感も多少あります。

 

 

去年は大学生で、今年から働き始めたので職場の状況云々、という話は関係ありません。

 

 

 

以上です。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
おはようございます。ご返信ありがとうございます。

各種検査で身体疾患を示唆する所見が得られておらず、デパスが著効していますから(ドグマチールとデプロメールは服用したその日に効果が現れるようなお薬ではありません)、精神科的な疾患である可能性は高いでしょう。

③「2013年の2月の時点では敢えて病名を付けるなら『不安障害』」であったとのことですが、精神的な不安感は伴っていたのでしょうか。現在はどうでしょう? 特定の状況で症状が現れるような傾向がありましたか?/ありますか? ちなみに不安障害とは単独の疾患名ではなく、パニック障害、強迫性障害、全般性不安障害、社交性不安障害、といった疾患の総称です。

④デパス、ドグマチールの1日量を教えて下さい。

⑤「病気ではない、今年から始まった職場に慣れるべきだ」と心療内科医が言ったのは、3種類の抗うつ薬が「どれも副作用ばかりでかえって症状が悪化してしま」った後でしょうか。

下記のサイトで質問に答え、最後に表示される点数を教えていただけないでしょうか?

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 4 年 前.
3.特定の状況で急に不安になったりはしません。ただ昔から小さいことを気にするタイプでちょっとしたことに不安になったりすることは多く、それは現在も変わりません。4.デパス0.5mgを1日3~4錠、ドグマチー ルは50mgを2回です。5.抗うつ剤を処方する「前」から医師は「あなたは病気ではない、少し心が繊細なだけ」と言われていま6.11点です去年の11月から今年の5月までは「倦怠感、顔のほてり」等の症状はデパスだけで全快していた、と考えられると医師にも言われています。8月に症状が辛すぎて耐えられなくなり、会社帰りにセカンドオピニオンとして他の医師に長時間とって病状と服薬の説明をした際にも「病気ではない」と言われました。以上です、宜しくお願いします。
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

ご返信・追加情報ありがとうございます。

 

ここまでいただいた情報からは、相談者様は軽度から中等度の全般性不安障害(GAD)を呈されているのかもしれません。

http://www.e-heartclinic.com/kokoro/senmon/oad01.html

 

GADは、正常不安(いわゆる心配性)との線引きがしづらく、また疾患の認知度が低いため、しばしば過小診断されがちです。「敢えて病名を付けるなら『不安障害』」、「少し心が繊細なだけ」という主治医のコメントは、GADの可能性を仄めかすものでもあります。

相談者様が呈されている身体症状は、GADでしばしば認められるものでもあります。

 

一方で、行っていただいたQIDSは、うつ病の診断や重症度評価のための質問票としては信頼性が高いもので、厚生労働省の研究でも使用されています。インターネット相談では相談者様を直接診察できませんのでこのような方法をとらせていただきましたが、 QIDSにおける11点は、一般的にはうつ病の診断基準を満たす可能性がきわめて高く、可及的速やかな治療を要すると判断される結果(中等症)です。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/kokoro/dl/02.pdf

 

もちろん、相談者様を直接に診察できないインターネット相談で確定診断を下せるわけではありませんが、身体的不調によって二次的にうつ病を呈している可能性は高いと考えます。

 

うつ病にも自律神経症状による身体症状が伴いますが、精神安定剤(デパスなど)でたちどころに良くなることはありませんので、GADが主診断で、次第にうつ病が伴うようになって症状が複雑化してきている可能性が考えられます。

 

不安障害を診療できる精神科・神経科の医療機関をお探しになり、受診されることをお勧めいたします(JustAnwerでは、特定の医療機関の紹介・推薦を行っていません。ご了承下さい)。

 

以上、ご参考になれば幸いです。

質問者: 返答済み 4 年 前.

診断有難うございます。


 


不安障害とうつ病を併発しているという考えで宜しいのでしょうか。主治医にはどのように伝えればよいでしょう。


 


既にセカンドオピニオンでも「病気ではない」と言われていて、それでも症状が一向に収まらず今回相談させていただいたのですが、主治医とは別の医者に掛かるべきでしょうか。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

一点、ご留意頂きたい点ですが、実際に相談者様を診察できないインターネット相談で診断行為は行えません。私は、ここまでのやり取りで得られた情報からGADの可能性が高いと述べたに過ぎません。ただ、この可能性は高いと考えています。

前述したように「不安障害」とはカテゴリーの名称であって疾患名ではありませんので、正しくは「不安障害とうつ病を併発」ではなく「全般性不安障害とうつ病を併発」しているというのが私の見立てです。

GADの診断に関しては、この疾患に関する知識が全てです。
相談者様がGADを患われれているという前提で申し上げれば、現時点でGADの診断を付けられない医師に何を付け加えて伝えても、適切な診断や治療が行われるとは思われません。

インターネットで「全般性不安障害 ○○(通院可能な地域名)」で検索をかけられ、新たな受診先を探されるのがよろしかと存じます。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問