JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

猫山司に今すぐ質問する

猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14256
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

変形性股関節症の運動療法について 初めまして54歳の主婦です。3年前に右足の上記診断を受けました。 現在の症状と

解決済みの質問:

変形性股関節症の運動療法について
初めまして54歳の主婦です。3年前に右足の上記診断を受けました。
現在の症状と致しまし ては右の股関節の可動域の制限、鼠蹊部の痛み、大腿四頭筋の硬結、左臀部梨状筋の痛み等々で近くの接骨院で超音波や通電治療を受けております。
ここでお聞きしたいのは私は運動療法としてプールに通っております。整形外科の先生から太ももの筋肉を鍛えるのにバタ足をしたほうがよいと言われ実行しています。はじめは出来なかったバタ足も進むようになってきてようやくコツを覚えてきたと喜んでいたのですが最近はプールから上がると右の股関節のところが痛むようになりました。歩く時も股関節部が軽く痛みます。そんな時はバタ足は休んだりして様子見ているのですがバタ足のやり方自体に問題があるのかなあと思ってしまいます。ジムのトレーナーの方にお聞きしましてもとにかく泳ぐだけと言われますのでまあその通りだろうと思いますが私の場合はちょっと違うかなぁ・・・。股関節に負担にならないバタ足の方法などを専門の先生に御教示して頂けたらと思います。
私は幸いにもジムが近くにありいつでも通えます。プールは股関節に負担がかからないのでとても良い運動だと聞いております。今はどうにかこの病気の進行を遅らせようと日々運動やリハビリに励んでいる状態です。
他にもよい水中運動がありましたらお話くださいませ。宜しくお願いいたします。
                                                 鈴木 安紀子
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんにちは。猫山と申します。

まず第一に考えられるのは、相談者様の現在の股関節症の病状に比して、運動療法の強度が強すぎるという可能性です。
「運動療法はどうしても疼痛を誘発してしまう可能性がありますので、慎重に始めて徐々に強度を高めていくことがポイントです」(http://www.joa.or.jp/jp/public/sick/condition/hip_osteoarthritis.html より引用)。
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

変形性股関節症に対する保存療法はその強度の設定が難しく、また、整形外科医の間でも、運動療法の意義について議論があります。
例えば、NHKでも取り上げられた「柳川リハビリテーション病院方式」では、「関節に負担をかけずに筋力増強訓練が出来ないから」という理由で水泳、水中歩行を禁止にしています。
http://www.kouhoukai.org/yanagawa/new_page_76.htm
http://www.kouhoukai.org/yanagawa/gatten.html

治療ガイドライン(http://www.ebm.jp/disease/bone/02hen_kansetsu/guide.html)では水泳(バタ足)は推奨されておりますので、柳川式は主流となる考え方ではありませんが、股関節に負担をかけずに筋力強化を行うという意味では、今少しの工夫が必要であるように思われます。

少し補足情報を下さい。

①受診されている整形外科はどれくらいの規模の医療機関ですか?

②主治医は股関節の専門医でしょうか?

③整形外科主治医とジムのトレーナーとの間で、何らかの定期的な連絡はとられているのでしょうか。慈雨のトレーナーは、理学療法士のような医療資格を持っている方ですか?

④整形外科主治医と接骨院との間で、何らかの定期的な連絡はとられているのでしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.

初めまして猫山先生。早々のお返事ありがとうございます。予想以上に早かったのでびっくりいたしました(笑)。

さっそく質問の返答するをさせて頂きます。

①受診した整形外科は個人の開業医です。私共の地域では多きほうではないでしょうか。運動器具や電気器具などもたくさんあります。

②そこの先生は整形外科専門医、リハビリ科専門医、リウマチ科専門医とあります

③私が通っているジムはあくまでもバタ足の泳ぎ方を教えて頂いたトレーナーさんなので医療に関しては分からないと思います。専属トレーナーでもありません。

④今私が通院している接骨院も私の判断でそちら に変えました。現在は整形外科には通院しておりません。はじめは整形外科に通院していましたが股関節のストレッチの方法や運動療法や電気治療w受けておりましたが痛みが取れません。それに関してはセレコックスと胃薬を処方されました。痛み止めも多少は聞きましたが飲み続けると胃の具合もよくありません。近くにあった接骨院で左臀部のマッサージや右股関節の可動域のストレッチをして頂いたり右大腿四頭筋が硬結していたので超音波をあてたりとにかく痛いところをマッサージして頂いております。おかげさまで痛みはどうにかこうにか4月ごろに比べると随分とよくなりました 。でも痛みがなくなることはないですね。そこには柔道整復師の方達で運動で痛みが出ると休むのが基本とおっしゃってその運動をどのくらいどのようにすればよいか?ということまではお判りにはならないようですね。私といたしましてはこの水泳療法をどのように取り入れたらよいのか、ということを知りたいのですがなかなか細かいところまでご存知の方はいないようですね。HPなどで探してみたりもしましたがその先生その先生の独自の考えがおありのようなのでどれを参考にしてよいやら迷ってしまいます。私も柳川式のHPは拝見しておりましたがこれはまた私が行ってる運動とは逆のことをいってらっしゃいますね。

ちなみに今私が行っている運動は水中ウォーキング40分位バタ足50mこれはあくまで気分転換としてクロール300m週に3日行っています。他には整形外科で教えて頂いた大腿部の前後左右の筋トレ¿

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

変形性股関節症は、加齢に伴う股関節の摩耗です。股関節は荷重関節(体重がかかる関節)ですから、日常生活の中でも病状は進行していきます。よって、残念ながら仰る通り、完全な除痛は難しいですね。

運動療法の方法も、医師や理学療法士ごとに考え方が違いますし、また適切な運動の種類や量は個々の患者様の重症度によっても違ってきますから、一概に「こういう運動を何分くらい行えばよい」と助言するのは困難です。

下記サイトをご覧になり、おおまかにでも、ご自分の股関節症の進行度がお分かりであれば教えていただけないでしょうか。

【股関節の症状と進行度】
http://kansetsu-life.com/hip/2_03.html
質問者: 返答済み 3 年 前.

お世話になります。

セルフチェックの結果新後期の症状と出ました。

 

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

まず、運動療法の内容自体は、現在行われているもので問題はありません。
水中ウォーキング、バタ足ともにガイドラインで推奨されているエクササイズですから、それ自体は推奨されます。それ以上の効果がある特別な運動は無いと思います。
ただし、どちらも関節を支点として下肢を動かす運動ですから、「股関節に負担にならないバタ足の方法」は存在しません。股関節にかかる負担と得られる効果(筋力増強)を秤にかけて、運動量を調節する他はありません

その意味では、一定上進行してしまっている相談者様において、「水中ウォーキング40分位バタ足50m、週に3日」は運動の強度として強すぎると考えます。
前述の通り、変形性股関節症は進行する疾患ですから、相談者様はこのプールエクササイズにおいて、その進行を早めてしまっている可能性があります。
進行した変形性股関節症では軟骨がすり減って骨同士が直接ぶつかり合って痛みを発しますから、筋力強化で関節の安定性を増して痛みを減らすのにも限界があるのです。

もともとかかれていた整形外科の主治医はリハビリ科専門医の資格ももっているとのことですから、改めて現在の股関節症の進行度を評価してもらい、然るべき運動量について助言を得るべきだと考えます。
さらに申し上げれば、人工股関節置換術の適応がないかどうか、相談されるべき時期ではないかと考えます。相談者様はまだお若いですから、今後も30年以上に渡って股関節症と付き合っていかなければなりません。くどいようですが進行する疾患ですから、いつかは運動療法のような保存療法では痛みを緩和できなくなります。既にそうなっているかもしれません。
人工股関節置換術を受ければ痛みは無くなります。その上でリハビリテーションを行う方が生活の質は上がることが期待できます。
これはいつかは検討しなければならない治療選択肢です。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 3 年 前.

やはり私の股関節の症状は進行しているのだということが解りました。
最後に少しだけ質問させてください。


①逆にこのまま何もしないと筋力の低下や体重増加などと問題はあると思いますので痛みが出なければ水中運動を続けてもよいのでしょうか?


今私は水の中に入っている時が唯一股関節の痛みから解放されてまた泳ぐことも楽しく気分転換にもなっている現状です。


 


②股関節の拘縮予防に接骨院でストレッチなどをしてもらっているのですがそういうことはしてもらっても大丈夫でしょうか?


後で痛みが出たことはありません。


 


③私の娘も(26歳)も先日レントゲンを撮って臼蓋形成不全と言われたそうです。現在は痛みなどの症状も何も無く普通に生活しておりますがこれから先どのようなことをアドバイスしたらよいのでしょうか?


 


私ももう一度整形外科に行き自分の今の状況を把握したいと思います。


ただ整形の先生も忙しくあまり色々なことは聞けない雰囲気ですのでここでお聞きいたします。接骨院のことはもっと聞きづらいです。


 


どうぞよろしくお願いいたします。


 


              

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

> ①逆にこのまま何もしないと筋力の低下や体重増加などと問題はあると思いますので痛みが出なければ水中運動を続けてもよいのでしょうか?

仰る通り、痛みがひとつの指標となります。
痛みが出ない範囲での水中でのエクササイズは、股関節症に悪影響を及ぼす可能性は少なく、筋力強化にも有用であると考えられます。

> ②股関節の拘縮予防に接骨院でストレッチなどをしてもらっているのですがそういうことはしてもらっても大丈夫でしょうか?
これは是非続けられるべきだと思います。痛みのために二次的に生じり関節拘縮とそれによる関節可動域制限を防止する意味で有用です。

> ③私の娘も(26歳)も先日レントゲンを撮って臼蓋形成不全と言われたそうです。現在は痛みなどの症状も何も無く普通に生活しておりますがこれから先どのようなことをアドバイスしたらよいのでしょうか?

これは何とも……。臼蓋形成不全症のある方は将来的に変形性股関節症に移行しやすいということはできますが、だからといって予防的な治療が行えるわけではありません。
股関節や大腿、膝、臀部の痛みといった股関節症の症状と思しき症状が自覚されたらすぐに、できれば股関節を専門とする整形外科を受診されることでしょう。早期発見によって、病状評価や生活指導を行うことができ、股関節症の症状の悪化を予防することができます。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14256
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • Dr_GATO

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    300
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    医師

    満足した利用者:

    340
    総合診療医
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/HO/horacicurgeon/2015-11-16_288_doctorbanner.64x64.jpg Dr.K さんのアバター

    Dr.K

    医師

    満足した利用者:

    162
    医師、医学博士として、臨床及び研究に10 年以上従事。専門は呼吸器疾患で、特に呼吸器がん(肺癌、悪性胸膜中皮腫など)や喘息、COPDなどの呼吸器良性疾患及び、一般外科、救急医療に関しても精通しております。呼吸器外科専門医、呼吸器専門医、気管支鏡専門医、がん治療認定医、外科専門医、産業医。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/PC/PchanDr./2013-5-7_01659_IMG2692.64x64.JPG P-chanDr. さんのアバター

    P-chanDr.

    医師

    満足した利用者:

    40
    泌尿器科専門医・指導医
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/HE/heartDr./2014-7-24_112459_TshirtFemale5B15D.64x64.JPG Dr-KUMA さんのアバター

    Dr-KUMA

    医師

    満足した利用者:

    125
    国立大学病院勤務経験あり
 
 
 

医療 についての関連する質問