JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14313
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

耳鳴りの新し薬は杏林製薬いつから使えるのでしょうか?

質問者の質問

耳鳴りの新し薬は杏林製薬いつから使えるのでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】


こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

あと数年はかかると思います。

相談者様が仰っている耳鳴りのお薬はKRP-209(ネラメキサン)ですが、日本では、第2相試験が今年の5月に終わったばかりです。これに1年半の試験期間がかかっています。

承認を得るための第3相試験は国際共同治験として行われています。
http://www.kyorin-pharm.co.jp/business/pdf/main_rd_activities_20130730_ja.pdf
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=67410

第3相試験は第2相試験よりも時間がかかりますから、あと2年かかるとして治験終了が2015年夏。治験が成功していたとして、厚生労働省に申請するまでに3~6ヶ月、厚生労働省の審査機関が平均で14か月、承認から発売までが半年かかりますから、2017年中の発売を見込まれるべきでしょう。

優れたお薬ですので、治験も早く進み、審査も優先的に行われて、もう少し早く発売される可能性もあるとは思いますが。

以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
拙回答をご閲覧いただきありがとうございます。
しかし評価もご返信もいただけていないようです。

お役に立てなかったのであればオプトアウト(回答辞退)して他の専門家に回答権を譲りますが、いかがいたしますか?
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
お役に立てなかったようですのでオプトアウト(回答辞退)いたします。

他の専門家とご相談を継続していただけますようよろしくお願いいたします。

お大事になさって下さい。

医療 についての関連する質問