JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4098
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

長年腱鞘炎だとあきらめていましたが、昨日整形外科でレントゲンをとったら手首の一つの骨の関節がすり減っての痛みとわかり

質問者の質問

長年腱鞘炎だとあきらめていましたが、昨日整形外科でレントゲンをとったら手首の一つの骨の関節がすり減っての痛みとわかりました。
「手の使用を最小限にし湿布などで対処するしかありません。」と言われました。
最終的には骨を入れ替える手術しかないそうですが、その方法とリスクを教えて下さい。
現在の病院ではこの手術は出来ないということです。
けっこう痛みがありますのでこのまま一生付き合っていくのは辛いです。
どうぞよろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
それは変形性関節症だと思います。関節内の軟骨がすり減り、さらに炎症のために骨棘が新生します。破損した手首関節は、いくつかの金属成分を含む人工関節に置換されます。そのリスクは一般の手術のように感染、出血、神経の損傷の可能性があります。

医療 についての関連する質問