JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

メディカルアドバイザーの猫山さんにお願いします。 早速、本日月曜日の昼間に精神科を受診してまいりました。 約一時

解決済みの質問:

メディカルアドバイザーの猫山さんにお願いします。
早速、本日月曜日の昼間に精神科を受診してまいりました。
約一時間に私の経歴、家族の事、困っている事を事細かく問診されました。
このサイトで相談して強迫性障害の症状があることもお話ししてきました。
フルアンキソールというお薬を処方して頂き、直ちにカウンセリングの手配をされ、2週間後の受診迄に4回のカウンセリングを受けるように指示されました。
時間をかなり拘束されてしまうようなのですが、これが通常の治療の仕方なのでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機 能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきま す】


こんにちは。ご指名ありがとうございます。

全く持って通常の、正統派の治療の仕方だと思います。

前回、「精神科疾患の場合、言葉で症状を正確に伝えられなければ診断も、それに基づく治療も行えません」と申しあげましたが、精神科では、血液検査や画像検査のような客観的な診断指標がありませんから、問診が占める割合が大きくなります。
「約一時間に私の経歴、家族の事、困っている事を事細かく問診されました」とのことですが、これは精神科の初診の診療時間としては、標準的もしくは短い方だと思います。

薬物療法と精神療法を並行して行うことが標準的治療ですから、「2週間後の受診迄に4回のカウンセリング」もまた、過剰な頻度だとは思われません。

日本では、精神科の診療時間が短いことへのクレームが多いのですが、本来は相談者様が提示されているくらいの診療時間が割かれることが、特に治療初期では重要です。
「通常の治療の仕方」だと考えていただいてよろしいかと存じます。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 3 年 前.
おはようございます。
処方されたお薬ですが、以前の回答でいただいたSSRIというお薬ではないみたいですが。。
初診した際に医師から2週間後の受診までのプランを指示されましたが、具体的な診断は全く説明は無く、お薬を処方されました。
この事が不安で仕方ありません。
今朝、服用するように指示されたお薬もまだ飲んでいいものかと。。
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

フルアンキソールというお薬は日本では未承認ですので詳細はわかりかねるのですが、SSRIではないことは確かです。
実際に診察をした精神科医の薬剤選択ですから、インターネット越しに相談に乗らせていただいている私の判断よりも妥当であると考えたいところです。

ただ、それ以前に、精神科に限らず、お薬を処方する際には、診断を提示し、お薬の作用と副作用を説明をして、服用に対する患者様の同意(インフォームド・コンセント)を得なければなりません。
診断やお薬の説明が無かったのであれば、お薬を服用されるべきではありません。

昨日今日始まった症状ではありませんから、服薬開始が2週間遅れたからといって問題が生じることはありません。服薬はせずにおいて、次回の受診時に診断名と、お薬の利害得失についての説明を求められるべきであると考えます。

カウンセリングは未服薬のまま受けられても問題はありません。服薬について問われたら「診断や副作用について説明が無かったので服用していない」と説明すれば問題は無いと思います。
質問者: 返答済み 3 年 前.
わかりました。
お薬は服用せずに4回のカウンセリングを受ける事にいたします。

主題とは異なりますが、他の人の相談の内容は全く違うみたいなのですが、もしかして私は見当違いな質問をここでしているのでしょうか?
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
いえ。確かに多数派ではありませんが、相談者様のように、現在受けられている治療についてリアルタイムで相談されているユーザーの方は他にもおられますよ。

実際に診察が出来ないインターネット相談のご利用方法としてはクレバーだと思います。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.
そう言って頂けるとすくわれます。
ありがとうございました。
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
どういたしまして。

医療 についての関連する質問