JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

緑内障の治療中のものですが、リカルボン(月1回飲用)を飲んでも構いませんか?

解決済みの質問:

緑内障の治療中のものですが、リカルボン(月1回飲用)を飲んでも構いませんか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価 は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】


こんばんは。猫山と申します。

緑内障の患者様が注意しなければならないのは、眼圧を上げる、抗コリン作用と呼ばれる作用を有するお薬の服用です。

リカルボンにはこうした眼圧を上昇させる作用があるお薬ではありませんから、まずそれ自体は服用されても問題がありません。

現在服用されているお薬との飲み合わせも問題がありません。

ただ、既に現在服用されているドグマチールとレンドルミンには抗コリン作用があり、閉塞隅角緑内障には使用注意とされているお薬です。
相談者様の緑内障は開放隅角緑内障なのでしょうか?

ドグマチールとレンドルミンは何科から処方されていますか? 眼科主治医はこれらのお薬が処方されていることを知っておられますか?
質問者: 返答済み 4 年 前.

早速のお返事ありがとうございました。リカルボンの服用に問題が無いとのお返事で安心しました。


お尋ねのドグマチールとレンドルミンは、精神科の医師から処方されたものです。ただし、眼科主治医から、どんな薬を服用してもよいとの許可を得ています。私の緑内障は、サルコイドーシス(難病指定)に由来するものです。閉塞隅角緑内障か解放隅角緑内障かは知りません。


 


もう一度お尋ねしますが、緑内障への影響以外にも種々の副作用が心配なので、リカルボンの服用を中止し、バランスの良い食事や適度な運動を


心掛けたいと思いますが、今回1回だけ服用したリカルボンの影響(副作用を含む)は1か月ぐらいは残りますか?その場合、何か対処すべきでしょうか?


 


 


 

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

「眼科主治医から、どんな薬を服用してもよいとの許可を得て」おられるのであれば、相談者様の緑内障は開放隅角緑内障だと考えられます。閉塞隅角緑内障では、より厳格な管理が要求され、風邪薬の服用にも制限が加えられるほどだからです。

> 今回1回だけ服用したリカルボンの影響(副作用を含む)は1か月ぐらいは残りますか?
これは、持効注射製剤の薬物動態という難しいお話になりかねませんが、幸いまだ一回しか注射されておられませんので、作用も副作用も、持続するのは1か月未満であるとお考えください。何回も注射すると「定常状態」といって、リカルボンの成分が常に一定量血液に溶け出す状態となり、注射を止めてもすぐには体内から成分が消えません。しかし単回の注射では、まだ血中濃度が安定していませんので、次回の注射を受けなければすぐに血中から成分が消えて無くなります。
ただし、それまでの1ヶ月に関しては、リカルボンの副作用を打ち消すような積極的な対処方法はありません。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問