JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14382
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

姉のことです73歳 c型肝炎 肝硬変とのこと 病院で脾臓肥大化しているので脾臓を摘出しインタフェロンの治療するとのこ

解決済みの質問:

姉のことです73歳 c型肝炎 肝硬変とのこと 病院で脾臓肥大化しているので脾臓を摘出しインタフェロンの治療するとのこと 本人は体力を心配しできるだけ手術はしたくないとのこと・・このままだとどんなふうになるか心配ほかに治療ほうはないか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんばんは。猫山と申します。

少し捕捉情報を下さい。

①脾臓摘出の目的についてはどのように説明を受けられているでしょうか?

②お姉さまはまだインターフェロンを投与されたことは無いのでしょうか?

③今回のこのご質問をお姉さまの主治医にはなさいましたか?

④お姉さまがかかられている病院はどれくらいの規模の病院ですか? かかられて長いのでしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で、回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.


1 血小板が低いので脾臓摘出し血小板あげる


 


2まだしてません


 


3いいえ 私たち独断です


 


4 10万都市 一番 労災病院です

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

肝硬変で肝臓が硬くなると、肝臓に流れるはずの血液の一部が脾臓に流れていくようになります。脾臓は血液を処理する臓器ですので、血小板は脾臓で処理され、血小板が減少します。また、脾臓は流入量が増大した血液を処理するために肥大していきます。脾臓がするとますます血小板がさがります。

肝硬変に対するインターフェロン治療の目的は、ウイルスを排除し、肝機能を改善させることですが、インターフェロン自体に血小板を減少させる副作用があるため、インターフェロン治療を行う前に、8万から10万程度の血小板数を確保しておく必要があります。

脾臓摘出は、血小板を処理してしまう脾臓を切除することで、この、インターフェロン治療に必要な血小板数を達成することにあります。

ただ、現在は、脾臓を摘出す る手術を行わなくとも、それに近い効果が得られる、患者様にとって負担が少ない治療法もあります。
部分的脾動脈塞栓術です。
太股の付け根から管(カテーテル)を進めて脾臓に栄養を送っている動脈にまで到達させてそこに血管を詰める物質を放出することで、脾臓を兵糧攻めにして機能を落とす治療法です。
以前ならば脾臓の摘出が行われるような症例に対して、近年はこのカテーテルによる動脈塞栓術が行われるようになってきています。

お姉さまにとって、インターフェロン治療は不可欠な治療です。
そのためには血小板を増やす必要があります。
脾臓摘出はそのための効果的な手段ですが、患者様の体力を消耗させることは確かですから、この、部分的脾動脈塞栓術を行ってもらえないか、主治医に相談されてみることをお勧め致します。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 4 年 前.


医師から肝硬変といわれ 肝硬変でもインターフェロンがひつようですか?


他の人から肝硬変になっているんだったらもう遅いとききました


 年齢的に大丈夫でしようか ? このままなにもしなかったらどうなるんでしょうか?  

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
C型肝炎による肝硬変は、ウイルスを排除しなければ、高い確率で肝臓がんに移行します。

インターフェロン治療が必要なのは第一にそのためですし、インターフェロンによって肝硬変は治りませんが、肝機能の改善は得られます。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問