JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4036
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

3年前からうつ病を患い 他にも 胆のう炎、アレルギー性蕁麻疹・発疹・激しい咳、(寒い時期)腫れを伴う関節痛 、頻繁

質問者の質問

3年前からうつ病を患い 他にも 胆のう炎、アレルギー性蕁麻疹・発疹・激しい咳、(寒い時期)腫れを伴う関節痛
、頻繁に38℃位の熱、と沢山の薬を服用しています。

現在服用中の薬(1日量)は以下のとおりです。

精神科・ワイパ ックス3mg、パキシル40mg、レスリン100mg、リフレックス30mg、ロラメット2mg
内科・・グリチロン6錠、ハイチオール240mg、ザイザル5mg、ランソプラゾール15mg
※頓服・ボルタレン、ノイチーム、クラビット、エンシュア・リキッド

もともと、仕事柄毎日御酒を飲む生活を10年程続けていたため、膵臓、肝臓が気になります。
自分でも肝臓によい薬をと探し、ミラグレーン、グッドAという薬を知りました。

質問ですが、ミラグレーンとグッドAのどちらが良いか教えていただきたく、又他に何か良いものが有りましたら合わせて教えて頂きたく、宜しくお願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
身長と体重を教えてください。
一日、どのくらいお酒を飲みますか。喫煙しますか。どのような食事をしますか。
質問者: 返答済み 3 年 前.


たばこは、1箱位です。20年以上2~3箱吸っていました。


 


お酒はやはり20年以上飲んでいますが、病気で、向精神薬を飲み始めた頃から、約3年間飲んでいません。


 


 


飲んでいた時は、焼酎ならボトル1/4程度かと思いますが、お酒にとても弱いです。


この一年、食事は作れなくなり、又お腹がすくので、何か食べますが、基本まずくなければ何でもいい。あまり興味がない感じです。

質問者: 返答済み 3 年 前.


たばこは、1箱位です。20年以上2~3箱吸っていました。


 


お酒はやはり20年以上飲んでいますが、病気で、向精神薬を飲み始めた頃から、約3年間飲んでいません。


 


 


飲んでいた時は、焼酎ならボトル1/4程度かと思いますが、お酒にとても弱いです。


この一年、食事は作れなくなり、又お腹がすくので、何か食べますが、基本まずくなければ何でもいい。あまり興味がない感じです。

質問者: 返答済み 3 年 前.


たばこは、1箱位です。20年以上2~3箱吸っていました。


 


お酒はやはり20年以上飲んでいますが、病気で、向精神薬を飲み始めた頃から、約3年間飲んでいません。


 


 


飲んでいた時は、焼酎ならボトル1/4程度かと思いますが、お酒にとても弱いです。


この一年、食事は作れなくなり、又お腹がすくので、何か食べますが、基本まずくなければ何でもいい。あまり興味がない感じです。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
現在、お酒を飲んでなく血液検査(肝機能検査、膵臓)で問題なければ、アルコール性肝疾患、アルコール性膵疾患を心配する必要はありません。喫煙は多くの致死的な病気の原因となります。禁煙をしてください。禁煙することが困難なら禁煙が以来を受診してください。薬を処方してくれると思います。ミラグレーン、グッドAというサプルメントが特に良いかどうかということは医学的に証明されていません。S-アデノシルメチオニンというサプルメントが肝臓にいいようですがそれは今飲んでいる抗うつ薬と相互作用するため控え た方が良いです。
肝臓、膵臓をふくめ健康な体を維持するために健康的な食事をしてください。揚げ物,ファーストフードを控えてください。赤肉は控えてください。トリの胸肉、魚を食べてください。野菜、果物を沢山食べてください。甘いものを食べることを控えてください。白米の変わりに玄米を食べてください。食塩、砂糖を控えてください。飽和脂肪を含む食品(ピザ、チーズ、乳製品)を避けてください。無脂肪の乳製品は食べても構いません。ナッツを毎日、適度に食べてください。線維を含む食物を食べてください。総合ビタミン剤、フィッシュオイルのカプセルを毎日、服用してください。毎日、30分ほど早歩きをしてください。肥満であるなら健康的な食事と運動で体重を減らしてください。一週間に1キロやせることを目標にしてください。

医療 についての関連する質問