JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14294
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

はじめてお便り致します。現在68歳、女性です。じつは5,6年前から臭覚がまったく利かなくなりました。一番最後に感じた

解決済みの質問:

はじめてお便り致します。現在68歳、女性です。じつは5,6年前から臭覚がまったく利かなくなりました。一番最後に感 じた臭いは夏のある日レジに並んでいたら、前に居られる方の体臭がめまいがする位強く感じた事だった様な気がいたします。
日常生活で特に痛みとか苦しみが在る訳ではないので自分の中ではそれ程困る事は無いのですが年の事もあるのでガス、他の異臭に気がつかないのは危険であると家族は申します。一度は近所の耳鼻咽喉科に行きましたが説明もあまり無く、何やら薬を戴いて飲んでいましたが、それが一度きりです。
花の香り、コーヒーの香り懐かしい思いです。人間の五感の一つでもある臭覚を戻せるものならこれ程の喜びはありません。
ご指南を宜しく御願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】


こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

相談者様が呈されている嗅覚の障害は「嗅覚脱失」と呼ばれるものです。
鼻道から鼻腔、脳に至るまでのいずれの箇所の障害でも起こりえます。

嗅覚脱失には、大きく、呼吸性嗅覚障害、末梢神経性嗅覚障害、中枢神経性嗅覚障害がありますが、鼻詰まりや副鼻腔炎に関するご記載がありませんから、呼吸性の嗅覚障害は否定的であると考えます。

となりますと、相談者様の嗅覚脱失は匂いを感じる神経、もしくはさらに上位の、匂いを感じる脳の部位の障害によるものである可能性が大です。
これには、感染による嗅上皮(匂いを感じる粘膜)の萎縮や炎症、打撲等によって起こる嗅神経の断裂、脳腫瘍までが含まれます。

残念ながらこれは、町医者レベルで診断・治療が可能な病態ではありません。

大学病院か、それに準じた規模の総合病院の耳鼻咽喉科を受診されて下さい(JustAnswerでは特定の医療機関の推薦・紹介を行っていません。ご了承ください)。
必要に応じて脳神経外科や神経内科との連携がとられ、精密な診断と治療が行われることになろうかと存じます。
どこまで治るものなのかは、診断次第ですので、ここでは何とも申し上げかねます。

「嗅覚外来」を持っている医療機関もありますので、そういった医療機関を探されて受診されれば、より水準の高い診療を受けられると思います。
例:http://www.hyo-med.ac.jp/department/oto/clinic/nose.htmlhttp://byoinnavi.jp/m11

以上、ご参考になれば幸いです。


【参考サイト】
http://qnet.nishinippon.co.jp/medical/doctor/feature/post_506.shtml
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問