JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

主人は糖尿病(おそらく2型?)で昨年左ひざ下から切除をしました。今は朝お薬を一錠、夜はインスリン注射をして血糖値は安

解決済みの質問:

主人は糖尿病(おそらく2型?)で昨年左ひざ下から切除をしました。今は朝お薬を一錠、夜はインスリン注射をして血糖値は安定している状態です。。
昨日「胃がん」で2/1?の切除手術をうけました。十二指腸にも癌は入り込んでいるのですが、開腹したところ胃の近くの大動脈等に飛散しており取り除け ないということで、十二指腸の癌もそのままにして胃と腸のバイパスで終わりました。 糖尿・腎臓機能などを考慮すると抗がん剤も使えず、余命半年~一年と聞きました。
一家にとってとても大切な主人を何とかもっと生かせてあげたいのです。
いい方法はないでしょうか?
お恥ずかしいことに金銭的に余裕はなく今回も高額医療制度に助けられている次第です。

助けてください!  よろしくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
おはようございます。猫山と申します。

少し補足情報を下さい。

①ご主人は、どれくらいの規模の病院で手術を受けられているのでしょうか。

②「いい方法」とはがんを完治させる方法ということですか?

③本件は、主治医には相談されましたか?

④お住まいの都道府県を教えて下さい。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.


・愛知県豊田市に住んでおります


・病院は「豊田厚生病院」で総合病院です。糖尿で治療を受けています。


・出来れば完治させたいです。無理ならなるべく痛みもなくもう少し命を永らえ      させてあげたいです。


・主治医にはまだ相談していません。腎臓移植したら抗癌治療をうけられるのか、透析になってでもがん細胞に効く治療はないか?など今日明日に尋ねるつもりでいます

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

まず、腎臓移植ですが、悪性腫瘍がある方は受けることができません。術後に使用する免疫抑制剤の作用でがんを抑える免疫も抑制されてしまい、がんが大きくなったり、広がったりしてしまうからです。

客観的に申し上げて、ご主人のがんは末期であり、仮に腎機能が悪くなくとも、治すための治療選択肢は残されていないと考えます。豊田厚生病院はかなり水準が高い病院ですから、ここで積極的な治療が行えないのであれば、恐らくご主人にしてあげられるベストの治療は緩和ケアだと思います。
http://ganjoho.jp/public/qa_links/dictionary/dic01/kanwa_care.html

⑤ご主人の現在の状態をご家族が受容することがまず大切になってまいります。そうしなければ、積極的治療から緩和ケアに方針の切り替えができないからです。そのように気持ちを持っていくことは難しいでしょうか?

重ねて確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 3 年 前.

末期癌とは主治医からは聞いていませんでした。ステージも未確認でした。ただただ主治医にたくしていました。これ以上の手立てが無いとすれば、家族が気持ちを強く持って主人を支えるしか無いのですね・・・ 


気持ちを落ち着け、緩和ケアに気持ちを切り替えるよう努められればと思います。


ご指導ありがとうございました。m(__)m

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

手術でがんを取り除けず、抗がん剤も使えず、余命半年~一年と宣告されたということは、すなわち末期だと解釈すべきだと考えます。
もちろん主治医には確認されるべきですが。

豊田厚生病院でも緩和ケアは行われています。
http://hospdb.ganjoho.jp/kyotendb.nsf/vGanIchiran/fKanwaChizuKensakuArea?OpenDocument&p=aichi

ご主人の状態を確認されるとともに、適応があるなら、緩和ケアに移行できないか、相談されることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問