JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 2800
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

妻のことでご相談です。5年前に付き合い始めました。そのころから顔以外の全身に痒みを伴う湿疹のようなものがたくさんあり

質問者の質問

妻のことでご相談です。5年前に付き合い始めました。そのころから顔以外の全身に痒みを伴う湿疹のようなものがたくさんあります。 特に肘・手の指関節・踝・足の甲はひどく、常にかさぶた状態であります。 本人いわく、たくさんの病院を回ったが、いつも同じことを言われ・また同じ薬を出されるとのこで、症状改善に諦めているとまではいかないにせよ、どこに行ってもどうせ変わらないという落胆もあり、現在もとりあえず塗り薬がなくなったらもらいに病院へ行くという惰性的な感じであります。 わたくしには感染もなく、また2歳の子供にも(今だけなのかもしれませんが)発症もしていません。 産婦人科の先生からは出産には影響はないでしょうということでした。 来月には第二子も誕生します。 塗り薬を手足に塗り、就寝しますが、やはり寝ている間にボリボリと掻き毟り出血させてしまいます。 わたくしもその都度「搔いたらだめだよ」 と、やはり言ってしまいます。 当然ながら「この症状の辛さがわからないくせに」となってしまいます。 現在妻は38歳です。 この症状については本人もあまり詳しく語りたがらないため、はっきりとは教えてくれませんが、 発症は30代少し前からのようです。 「ようしん」 と、いつも病院か ら言われるそうです。 猫アレルギー、幼いころに喘息があったということくらいです。 本人が相談するのが一番だとは思いますが、そんな感じで大きい病院から個人病院をたくさん回ってきたのと、女性なので服装や外での周りの視線など、今日の思いなどもあり皮膚に関する話や夏場の服装など、ナーバスになっております。 特に、完全防備で手足を隠しているわけではありません。 それなりに隠さず、堂々と外に出ておりますが、やはり言わなくても周りの目が刺さるのは辛いと思います。 アラフォーとはいえ、やはりそれなりの若い服装やきれいな素手足で外を歩いてもらいたいのです。 専門家でもない者が言うのは失礼ですが、妻の湿疹は現状の塗薬では良くならないような気がしております。 先日、NHKのサイエンスzeroにて、ある部分の遺伝子配列の異常によって起こる病気を探し、そこにピンポイントで有効な薬を投与するというのを見ました。 まだまだ研究段階ではありますが、非常に大きな期待が持てることだと思いました。 顔以外は出ず、首元から足先に出ています。 他に「ようしん」という診断の出された方は良くなっているのでしょうか? まだ、有効手段的なものがなく、やはり塗薬による(良くなった方もいるとは思いますが)対応がベストなのでしょうか?


 


他に何か良い対応があればお教えくださいませ。

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
質問者: 返答済み 3 年 前.
再投稿:まだ回答がありません。

医療 についての関連する質問