JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

3週間前に仕事場で、左足の甲に重さ10kg程の金属の棒状のものが落ちてきました。夜遅い時間だったので翌日総合病院の整

解決済みの質問:

3週間前に仕事場で、左足の甲に重さ10kg程の金属の棒状のものが落ちてきました。夜遅い時間だったので翌日総合病院の整形外科に行ったところ、レントゲンで骨は大丈夫なので打撲でしょうと、痛み止め入りの湿布を処方されました。その後普通に仕事出来るぐらい回復したのですが、昨日朝、東京から関空まで飛行機に乗り、関空に着いた後だんだん足が痛みだし、同日帰りも飛行機だったのですが、夜には左足がパンパンに腫れて、痛みもひどくなりました。気圧の関係で腫れたりするのでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.

こんにちは。猫山と申します。

気圧ではなく、重力の問題だと思います。

 

少し補足情報を下さい。

 

①今もまだむくみは続いていますか?

 

②むくんだ足に内出血による変色は認められるでしょうか。

 

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

 

 

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】

質問者: 返答済み 3 年 前.
むくみはあります。打撲は左足の甲だったのですが、膝から下ふくらはぎから足まで腫れてます。色については、正常な右足より、赤っぽいです。内出血かどうかは自分では判断しかねます。
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

2つの可能性があります。

①1つ目は、3週間前のエピソードで足の甲の毛細血管が破たんし、それが治る前に飛行機に乗って長時間の座位をとったため、血管の損傷部位から血漿成分が漏れ出して足が大きくむくんだ、という可能性です(もっと長時間のフライトならば、血管に損傷がなくとも、足の浮腫みは生じます)。ただこの場合、2日経っても浮腫みがひかないこと、また、浮腫みが「膝から下ふくらはぎ」にまで及んでいるのはやや不自然であるように思います。

①2つ目は深部静脈血栓症を呈されている可能性です。この場合は、3週間前のエピソードとは無関係に足の浮腫みが生じていることになります。
http://shojyo.livedoor.biz/tag/深部静脈血栓症
http://www.asamikekkan.jp/sinnbujyoumyakukessennshou.html

時に血栓が肺に飛び、致死的な事態になりうる疾患(いわゆるエコノミークラス症候群)ですので、早めに少し大きめの総合病院の心臓血管外科を受診されて、カラードップラーエコー検査を受けられる必要がございます。
ご記載の病状は、

①②いずれの場合でも、血管の問題ということになりますす、②だった場合は放っておくと大変なことになりかねませんので、
明日の朝一での心臓血管外科(循環器外科)受診をお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 3 年 前.
2番の場合3週間前のエピソードは無関係にとありますが、深部静脈血栓症というのは片方の足だけに症状のでるものなのですか?
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
そうです。深部静脈血栓症は、通常は片方の足だけに症状が現れます。

「片足が急に痛くなったり、はれたりするときは、深部静脈血栓症の可能性があり、肺塞栓症の原因となりますので注意が必要です」(http://qa.eisai.jp/diseases-and-symptoms/detail.asp?baID=3&nodeid=332&faqid=346 より引用)。

ただ、危険因子として、「(1)高齢者、(2)下肢静脈瘤、(3)下肢の手術、(4)骨折等のけが、(5)悪性腫瘍(がん)、(6)過去に深部静脈血栓症、心筋梗塞、脳梗塞等を起 こした事がある、(7)肥満、(8)経口避妊薬(ピル)を使用、(9)妊娠中または出産直後、(10)生活習慣病(糖尿病、高血圧、高脂血症等)」が挙げられていますから、3週間前のエピソードは、全くの無関係ではないかもしれませんね。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/hoken-sidou/disaster_2.html
質問者: 返答済み 3 年 前.
重ね重ね質問すいません。羽田から関空なので1時間10分ほどのフライトだったのですが、短時間でも2番の場合の血栓症は起こるものでしょうか?また、短時間でも怪我をしてたら血栓症が起きやすいというようなことはあるのでしょうか?
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
通常は1時間程度のフライトでは深部静脈血栓症は起こりませんが、その可能性は0ではありません。

相談者様の場合は、前掲の厚生労働省のリンクにも記載があったように、左足に怪我をしていたことが間接的な誘因になった可能性はあります。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問