JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

64歳、世田谷くに在住の男性です。 3週間ほど前から、手足のあちこちに赤い小さな斑点が多数でき、痒くてかくとかさぶ

解決済みの質問:

64歳、世田谷くに在住の男性です。
3週間ほど前から、手足のあちこちに赤い小さな斑点が多数でき、痒くてかくとかさぶたになったりしますが、次々新たに発生し、なかなか完治しません。
最初は小さな水泡状の粒が皮膚に浮き上がってきて、やがて潰れて赤い斑点になる場合も有ります。
斑点 は、点在したり、線上に並んでいたりします。
近所の皮膚科では、「何らかの植物かぶれではないか」とのことで塗り薬(アンテベート)と飲み薬(エバステルOD錠)を処方してくれましたが3日経っても、なお新たに斑点が発生し続けている状況です。
明日は日曜で皮膚科も休みですし、平日では再診に行く時間が取れませんので、宜しくご指導のほどお願いいたします。

近くの砧公園で、短パン、半袖でジョギングをして、芝生の上に転がったりしているせいかと思ったりしますが、この習慣も20年近く続けていますが、今までこんなことになったことがありません。
特に今年の猛暑と関係があるのでしょうか、暑いと余計にかゆみが増すようです。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では、診断に関わるご質問はもっとも回答が難しいもののひとつです。
ただ、相談者様の場合、ご記載から判断する限りは、伝染性膿痂疹(とびひ)である可能性が高いと考えます。

「明日は日曜で皮膚科も休みですし、平日では再診に行く時間が取れませんので、宜しくご指導のほどお願いいたします」とのことですが、これは、病院にいかずに、薬局で買えるお薬だけでこの病気を治す方法をご質問になられているということでしょうか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.

早速のご返信有難うございます。


ご確認の件、早急に再受診できなくても大丈夫かどうかという意味です。


普通に考えたら来週の土曜日(31日)。無理しても水曜日(28日)に行けるのがやっとという感じです。


 


単なる植物かぶれとも思えないので(その後も新たに発生する点が疑問)


治療緊急度がよく分からず不安です。


 


因みにこの症状は手足に限られ、特に足首に顕著です。


必要ならば写真を添付致したいと思いますが如何でしょうか?

質問者: 返答済み 4 年 前.

早速のご返信有難うございます。


 


ご質問の件、早急に再受診の必要性があるかどうかの意味です。


行けそうなのは、普通に考えたら来週の土曜(31日)無理しても水曜(28日)くらいです。


 


単なる植物かぶれとも思えず(新たに湿疹が発生する点が疑問)


治療緊急度が分からないので不安です。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

伝染性膿痂疹だとすれば、これはアレルギー性のものではなく、細菌感染によるものです。
http://health.goo.ne.jp/medical/search/10OC0600.html

従いましてこの場合、アンテベートのようなステロイドや、エバステルのような抗ヒスタミン薬は単独で用いても無効で、細菌を殺す抗生物質を主剤として使用する必要がございます。

抗生物質の経口服薬がもっとも効果的で、それは薬局では入手できませんので、皮膚科専門医を受診されることをお勧めいたします。

経過や性状、発疹の出現場所など、典型的ですので、写真を送っていただくには及びません(「近所の皮膚科」がなぜ伝染性膿痂疹の可能性を考えなかったのは不思議ですが)。

来週の土曜日まで待っていると確実に発疹の数は増えますし、稀ではありますが、深刻な合併症を併発することがあります。
http://www.maruho.co.jp/kanja/tobihi/attention.html

できるだけ早い時期の受診をお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

迅速、かつ的確なご回答有難うございます。


このところ、猛暑のうえ、多忙で疲労がたまっていたことも


関係しているかと思います。


様子を見て、なるべく早く再受診したいと思います。


 

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

どうかお大事になさって下さい。

医療 についての関連する質問