JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4058
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

主人なのですが、45歳です。最近急に時々血圧が高くなります。上は140ちょっとで、下は90代のことが多いです。普段は

解決済みの質問:

主人なのですが、45歳です。最近急に時々血圧が高くなります。上は140ちょっとで、下は90代のことが多いです。普段は血圧が低めで、上が100を切るようなひとでしたのでびっくりです。半年前にぎっくり腰をやってからです。胃のあたりにつまったような感覚があ り、大食だった人があまり食べなくなりました。血圧も高かったので、主治医から紹介してもらい、総合病院で心臓を調べてもらいました。異常はなし。胃カメラも異常なし。CTも特に異常はありませんでした。その同じ症状を繰り返しながらも徐々に回復していきました。今では、普通に過ごしていて、いのあたりに『クッ』と違和感を感じるそうです。その時に血圧を測ると決まって高くて、だるくなり、横になります。主治医からもらっている血圧の薬を飲むと血圧は下がります。検査しても異常はないのに、多いときはひと月の半分くらい体調が悪く、起きたり横になったりを繰り返しています。その他に、便が軟便ででにくいという症状もあります。 何年か前に、排便していて、冷や汗が出て苦しくなり、救急外来へ行ったことがあります。副交感神経が働き過ぎたのだろうと言われました。排便とも関係があるのでしょうか?それとも、ぎっくり腰と神経が関係しているのでしょうか?大体ストレスじゃないかと言われますが、本人は心当たりがないようです。血圧計で自己管理はしていますが、一体何が原因なのかわからないので、困っています。もっと検査をしてみたほうがいいのでしょうか? よろしくお願いいたします。


お酒はほとんど飲みません。タバコもずいぶん前にやめました。

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんばんは。猫山と申します。

あくまで念の為、ですが、ご主人に下記のサイトで質問に答えていただき、最後に表示される点数を教えていただくことはできないでしょうか?

まず、これに関して確認させていただけますと幸いです。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.


4点でした。


 


ぎっくり腰ではなくて、腰のはく離骨折のため、神経に骨が当たって激痛が走ったのが2月でした。


 


追加ですが、普段は地域の剣道を指導しています。とても健康的な生活をしています。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
申し訳ありません。私が想定していた病態ではなかったようです。

お役に立てそうにありませんのでオプトアウト(回答辞退)させていただきます。
質問者: 返答済み 4 年 前.


ご検討いただいてありがとうございました。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
身長と体重を教えてください。体重に変化がありますか。
頭痛、動悸、火照り, 腹痛、発汗,不安を感じることがありますか。下痢はありますか。他に人に比べて暑さに順応することが困難ですか。他に何か症状がありますか。何かきっかけとなるようなことに気ずいていますか。その症状を悪化させること、軽減することがありますか。尿の検査はしましたか。
どこのCTを撮りましたか。
他に何か病気がありますか。
手術をしたことがありますか。
市販の薬を含めて何か薬を飲んでいますか。その名前を教えてください。
家系に病気の方がいますか。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご質問にすべて答えておりませんでした。


頭痛はたまに肩こりからくることがあります。動悸はありません。火照りは、最近顔が暑いというようになりました。腹痛、発汗、不安感はありません。下痢はよくあります。下痢というよりも、軟便ですが出にくくて困っています。暑さに対しては、8月から暑さにすぐばてるようになりました。それにも困っています。


書いた以上の変わった症状はありません。体重は正確には84㎏→75㎏でした。尿の検査は、しましたが、特にありません。


あと、主治医からの処方で、セルシン錠2ミリグラムを書き忘れていました。


よろしくお願いします。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
身長はいくつですか。どれくらいの間に9キロやせましたか。食欲は無くなりましたか。
現在も腰が痛いですか。その胃の部分を押すと痛いですか。その痛みは背中に広がりますか。CTで腹部を見ましたか。その便は水に浮いていますか。
質問者: 返答済み 3 年 前.

身長は173cmです。9キロ痩せたのは今年の2月、3月の2ケ月くらいです。その時は胃のあたりにずっとなにかつっかえる感があったので食事があまり食べれなかったのです。それ以来、それまでご飯を3杯食べていたのが今ではお椀に半分くらいしか食べれなくなりました。食欲も今はないわけではないですが、「あー腹減ったー」というのがなくなったような気がします。


腰のほうは痛みは全然じゃないですがほとんど痛くありません。胃も痛くはないです。背中にも痛みは広がりません。便は浮いたり沈んだりです。


 


CTですが2月のドッグで腹腔内腫瘤疑いといわれ、胸部~腹部、を見ました。


その所見をそのまま写します。


 


 両肺尖、右中下葉、舌区に炎症性瘢痕を認めますが、その他の肺野には著変認目られません。


 肺門や縦隔に小さなリンパ節を数個認めます。sizeが小さく、反応性の腫大と思われます。


 甲状腺には著変認められません。


 軽度の脂肪肝を認めます。


 胆嚢、総胆管、膵、脾、右腎、副腎には著変認められません。左腎には小さなcystを認めます。


 前立線内に石灰化を認め、慢性前立線炎の所見です。


 膀胱や消化管には明らかな異常は指摘できず、後腹膜にも有意のリンパ腫大は認められません。


 臍レベルで測定した内臓脂肪の面積は155.39c㎡、皮下脂肪の面積は159.94c㎡、面積比は0.97(標準値は0.4)で内臓脂肪型肥満の所見です。


 第3椎体後部上部に剥離骨折を認めます。右背側に突出する椎間板ヘルニアも見られますが、神経根の圧排はあっても軽度と思われますので経過観察をお願いします。


 


以上です。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
第3椎体後部上部に剥離骨折の原因は分かっていますか。
質問者: 返答済み 3 年 前.

仕事中に荷物(軽量)をかんがんでとって振り向いた瞬間腰に電気が走る痛みがあり、軽めのぎっくり腰だと思い、痛みはありましたがそのまま車を運転していました。ひとつの体勢じゃつらくちょっと動かした瞬 間、激痛が走り、すぐ車を横付けして停車すると、だんだん息苦しくなり、視野がせまくなったので、救急車を呼びました。それで整形外科に搬送されましたが、結局、ぎっくり腰と診断されただけで、レントゲンすらとってもらえず、後日のCTで剥離骨折が判明した次第です。主治医の先生はおそらくこの剥離した小さな骨のかけらが直接神経にあたったせいで、激痛で失神しかけたのではないかといわれました。


これが今年の2月のできごとです。それ以来、いろいろおかしくなっているのです。


お忙しいところ色々ありがとうございます。よろしくお願いします。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
その剥離骨折に対してはどんな治療をしていますか。現在も痛みはありますか。
質問者: 返答済み 3 年 前.

結局、運ばれた整形外科はリハビリだけだったんで、以前から行きつけの整骨院に通って現在痛みはありません。軽い腰痛は慢性的にありますが・・・
剥離骨折に対しての正式な治療はしていません。確かに剥離した骨はどうなるのか気にはなっているとこなんですが。ちなみに剥離したかけらは極々小さいそうです。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
その血圧が高くなるのは胃の痛みに対する交感神経の反応のように思います。胃酸の逆流、胸焼け等ありますか。
質問者: 返答済み 3 年 前.


胸やけはありません。ただ、人間ドッグでバリウムを飲んだ時に、胃酸の逆流が見られるといわれました。それに、以前から、広島弁では「えづく」というのですが、軽い吐き気のようなことはあります。歯ブラシを奥まで入れすぎたときのような、嗚咽というのでしょうか。これはよくあります。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
非潰瘍性消化不良または胃食道逆流症を持っているのかもしれません。お腹の 周りを圧迫するキツい衣服を避けてください。油っぽいもの、揚げ物、トマトソース,チョコレート、ミント、ニンニク、タマネギ、カフェインを避けてください。食べた後少なくとも3時間は横にならないでください。現在そうだと思いますが少量の食べ物を食べてください。ベットの頭の足の下にブロック等をいれて頭の部分を上げてください。しかし、枕を使って頭のみを上げるようなことは効き目がありません。内科を受診してプロトンポンプ阻害剤を処方してもらってください。薬局ではそれは買えません。ガスター10というH2受容体拮抗薬が売られていますがそれは効き目がプロトンポンプ阻害剤比べて弱く、高価であるために長期服用を考えた場合は医師に処方してもらった方が経済的です。
それで様子を見てみてください。
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4058
経験: 1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問