JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

先日、体がだるいので病院に行き診てもらいました。 そこで一度血液検査をしようということで検査してもらうと、 血糖

解決済みの質問:

先日、体がだるいので病院に行き診てもらいました。
そこで一度血液検査をしようということで検査してもらうと、
血糖値が110と出ていました。

ただ、そこの先生は一度だけだと判断がつかないということで
後日再検査してもらい、その結果は104と少し下がっていました。

先生の判断としては「特に問題ない。 食生活と運動などを見なおそう」
という感じの診断でした。

ちなみに参考になるかと少し前に受けた健康診断の結果も持って行っています。
検査したのは健康診断が2013.05.24、今回の血液検査が2013.07.31、
再検査が2013.08.09です。

健康診断時は特に問題なく、血糖値91、HbAc1?が5.4%でした。
(今回の検査では検査していません)

ただ、ネットなどで見ていると100を超えている場合は・・というのも見かけ、
実際どうしたらいいか分からずにいたので投稿しました。

質問としては
・食生活などの見直し+運動などを意識的にやるだけで(現状としては)問題ないか
・仕事で6月末から7/13まで初めての案件で、それこそ土日は泊まりこみで作業をしており、
 自分自身もだいぶストレスがたまっていたと思っています。
 こうしたストレスから、今回のようにいつもと違う数値が出るのか
・健康診断は2ヶ月強前ですが、数値が一気に変動することがあるのか?
の3点です。

また、(1)がYESの場合、どうしたことに気をつけたらいいかなどアドバイスをいただけると嬉しいです。
普段から病気に関しては異常に心配症で、病気恐怖症みたいなところがあるので
少しでも不安な点があると気になって眠れなくなるタチなので投稿させて頂きました。

よろしくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんにちは。猫山と申します。

少し補足情報を下さい。

①血糖値110、104という結果が出た時は空腹時(検査前8時間以上の絶食後)の採血の結果だと理解してよろしいでしょうか。

②相談者様の身長と体重を教えて下さい。

③ご親族に糖尿病の方がおられますか?

②「病気に関しては異常に心配症で、病気恐怖症みたいなところがある」「少しでも不安な点があると気になって眠れなくなるタチ」とのことですが、いわゆるドクターショッピングなどを実際になさったりすることがあるでしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。
質問者: 返答済み 3 年 前.
返信ありがとうございます。

1に関してはそうです。早朝時の結果です。

2ですが、この前の健康診断では164cm、68kgでした。

3は聞いたことないのでないと思います。

4はすみません、ドクターショッピングとはどういう意味でしょうか?

よろしくお願いします。
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.

ご返信・追加情報ありがとうございます。

ドクターショッピングには色々な定義がありますが、例えば以下の解説はバランスがとれていると思います。
http://www.paci-gan.com/byouin/1375/
「病気恐怖症」と仰られていたので一応確認させていただこうと考えました。

> ・食生活などの見直し+運動などを意識的にやるだけで(現状としては)問題ないか
問題が無いかどうかをはっきりさせるために、糖尿病の専門医のもとで経口血糖負荷試験(OGTT)を受けられるべきでしょう。一定量のブドウ糖を摂取して、その後の血糖値の推移を時間単位でモニタリングする検査です。

空腹時血糖値は以下のように分類されます(既に説明を受けられているかもしれませんが)。
正常域:70~110mg/dl未満
境界域:110mg/dl以上126mg/dl未満
糖尿病域:126mg/dl以上

相談者様の1回目の採血結果、110は、ぎりぎりですが境界域に入っています。
2回目の104は正常値ですが、これは「正常高値」と呼ばれる扱いを受ける値です。
http://www.dm-net.co.jp/calendar/2008/006988.php
上記リンクに記載があるように、正常高値は「多様な集団」です。膵臓のインシュリン分泌能や体細胞のインシュリン反応性に全く問題が無い方がたまたまそれくらいまで血糖値が上がる場合もありますし、糖尿病リスクが高い潜在的な患者様も含まれている可能性があるのです(相談者様がご記載されていた「ネットなどで見ていると100を超えている場合は・・」というのはこの正常高値のことでしょう)。

OGTTとは、ブドウ糖負荷によって上昇した血糖値が、膵臓からのインシュリンの分泌、それに反応した体細胞のブドウ糖取り込みによって、どれだけ早く正常化するのかを見るための試験です。
血糖値が同じ104であっても、OGTTで早期に血糖値が下がるのであれば問題なしと見做されますし、なかなか血糖値が下がらなければ将来的な糖尿病発症リスクが高いと判断されて、早期からの運動・食事療法への導入が図られます。

相談者様は、2回血糖値を測定して1度目が境界域、2度目が正常高値でした。
これをどう解釈するかは診察医の裁量の範囲内ではありますが、OGTTに進んで糖尿病リスクの確定を行うことが先進的な考え方ではあります。

現時点で、可能な範囲で運動と食事、減量に取り組まれ(身長164cmの方の標準体重は59kg台です)、その後の血糖値をフォローするのも1つの方法ですが、糖尿病専門医を受診されてOGTTを受けられた方が、方針はより明確になると思います。

> ・仕事で6月末から7/13まで初めての案件で、それこそ土日は泊まりこみで作業をしており、自分自身もだいぶストレスがたまっていたと思っています。こうしたストレスから、今回のようにいつもと違う数値が出るのか
不規則な生活やストレスはたしかに血糖値上昇の原因のひとつです。
http://dm.medimag.jp/column/115_1.html
ただ、相談者様個人に関して、そのストレスと血糖上昇の因果関係があったかどうかは判じかねます。
境界域までの血糖値上昇がストレスのみによって起こるとはどちらかといえば考えにくいと思います。

> ・健康診断は2ヶ月強前ですが、数値が一気に変動することがあるのか?
91から110ということですと絶対値にして19の上昇ですが、これ自体は「一気に変動」というほどの上昇ではありません。血糖値は変動が大きい検査値ですので20前後の変動はしばしば認められます。
問題は、100を超えてしまった、110になってしまった、という変動後の値の方です。
これについては、上述したように、精密検査を受けられた方が安心だと考えます。

結論としてましては、糖尿病専門医のもとでOGTTを受けられることをお勧めします。その結果いかんで、栄養指導、運動指導を受けられるのがよいでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。

質問者: 返答済み 3 年 前.

ご返信ありがとうございます。

やはり検査はしたほうがよさそうですね。

 

ひとつだけ確認させていただきたいのですが、 現時点の状況で糖尿病だ、ということはありえるのでしょうか?

それと も、このまま放置するとその危険が高い状態だが、 まだ適切な処置を施せば大丈夫な状態なのでしょうか?

 

検査や食事の見直し、運動についてはもとよりするつもりでいましたが、 今回質問させていただいたのは現状、自分がどういうステージにあるのか、を知りたいためでした。

 

検査をしないとなんとも言えないのは承知しておりますが、 回答いただいた内容いかんで問題ないと判断してなにもしないということはないので 確率の話でも結構ですので回答いただけると幸いです。

 

それから「一気に変動」と書いたのは、どちらも空腹時の値だったので

結果としての値が一気に変動するかどうか、という意味でした(空腹時以外では変動することは理解しています)

 

以上、よろしくお願いします。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.

ご返信ありがとうございます。

シンプルに回答するならば、相談者様は、現在判明している検査値については、糖尿病の診断基準を満たしていません。よって、現時点では糖尿病ではありません。
http://www.eisei.or.jp/medicine/14/pdf/eiseitopics_061_20100819.pdf

「このまま放置するとその危険が高い状態」かどうかは、前述した通り、OGTTを行ってみなければわかりません。空腹時血糖が110mg/dlを記録しても、その後糖尿病を発症しない方もたくさんおられるからです。

確率の問題ということであれば、前回答のリンク先に記載がある「従来の正常域である空腹時血糖値「100mg/dL以上109mg/dL未満」を対象に経口ブドウ糖負荷試験(OGTT)を行うと25~40%が境界型や糖尿病型に属する」という以上のデータはありません。

保守的に見積もると、相談者様はOGTTによって40%の確率で糖尿病型を示し、その場合は早期に血糖値をコントロールする栄養・運動の試みを行わなければ、糖尿病に移行するリスクが高い、ということになります。

回答になっているでしょうか?

 

 

追記 私が、20前後の変動はしばしば認められる、と記載したのも、空腹時血糖についてです。

猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご返答ありがとうございました。


診てもらってる立場からすると、「まだ大丈夫なのか」という感覚がとても強くあるので、そのあたりを回答いただけてよかったです。


ありがとうございました。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

医療 についての関連する質問