JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4105
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

どこまで痩せていいのか悩んでいます。元々嘔吐に関して恐怖心があり、診断を受けたわけではありませんが嘔吐恐怖症だと思い

解決済みの質問:

どこまで痩せていいのか悩んでいます。元々嘔吐に関して恐怖心があり、診断を受けたわけではありませんが嘔吐恐怖症だと思います。小学校3年の頃からです。小学校の頃が一番ひどく、気持ち悪くなったらすぐ降りるために、各駅停車しか 乗れない、外食は怖い、トイレの位置が気になる等ありました。それからは季節によって症状があったりなかったりしましたが、劇的に症状を緩和してくれたのはお酒でした。恥ずかしながら、高校生の頃からのみはじめました。お酒を飲むと、吐き気の恐怖から一時逃れ、食べる事の恐怖心が薄れていきました。もちろん、飲みすぎると吐き気はありましたが、少々強かったようで、毎日常飲していました。
ですが、今29ですが昨年子供ができ、当然飲酒をやめました。つわりがあり、なんとか乗り切りましたが4キロ減り、37kgになりました。158cmです。それから10kg増え、出産するとすぐに元の42kg位に戻りました。
今産後半年ですが、ゆるく減っていき、39kgです。嘔吐恐怖はまだ続いていますし、お酒も飲めないので食べる量が極端に少ないのが体重減少の原因と分かってはいます。母乳も少ないながらも一応あげていますので、これも原因のひとつかと。
貧血があるとかはなく、健康だと思います。ただ、158cmでどこまで痩せてもいいものかと・・。年齢も行ったせいか、長年の小食のせいか、体重を増やしたいと思ってカロリーのあるもの少しを食べてもすぐに下痢してしまいます。胃腸が弱いようです。なまっているというべきか・・。
嘔吐恐怖に関しては、長年のもので対処法というか、恐怖心を薄くする方法は自分なりにもっていますが、食べる量は年々少なくなっています。
長くなりましたが、このままで健康に害はないのかな、というのが悩みです。
ひとまずお酒を断つ&母乳の間は痩せていくのだろうし、どこまで痩せてもOKなのかと・・。それか、何か、治療を受けたほうがよいのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
現在の体重は既にやせすぎています。それ以上やせない方が良いと思います。脂肪はカロリーが高いので不飽和脂肪を多く含む食物を多めに食べることを勧めます。脂の乗った魚(まぐろのトロ、さんま、さば、いわし、さけなど)を食べてみてください。ピーナッツのようなナッツ類を普通の食事の間の間食とし て食べてください。飽和脂肪を多く含む食物である乳製品であるチーズ、ヨーグルト、アイスクリーム、ピザ、牛乳等を適度に食べてください。飽和脂肪は不飽和脂肪ほど健康食ではありませんが適度に取るのは良いと思います。
嘔吐恐怖にたいしては心療内科を受診して認知行動療法というカウンセリングと必要ならSSRI という薬物療法を受けた方が良いと思います。

Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問