JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14381
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

半年前からふくらはぎ~大腿骨あたりまでの痛みです。歩いたり、正坐は大丈夫ですが、畳に座ってから立つ時の動作で異常ない

解決済みの質問:

半年前からふくらはぎ~大腿骨あたりまでの痛みです。歩いたり、正坐は大丈夫ですが、畳に座ってから立つ時の動作で異常ないたみで悩んでいます。ちなみに白癬で足と爪先に水虫薬を塗っています。現在、整形外科を受診していますが、原因が不明といわれました。病院ではどういう専門の科に
いけばいいのかお教えいただければ有難いです。宜しくお願いいたします。
                                               75歳の女性です。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

少し補足情報下さい。

①相談者様はこの75歳女性ご本人ですか?

②痛いのは両足でしょうか?

③痛い部分に腫れや変色はありますか?

④「歩いたり、正坐は大丈夫」ということは、歩いたり正座している時は痛みは無いということでしょうか。

⑤大腿部の痛みは、大腿部の裏側(お尻側)の痛みですか?

⑥受診されている整形外科はどれくらいの規模の医療機関でしょうか。腰椎のMRI検査は受けられましたか?

⑦持病や常用薬があれば教えて下さい。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.

1、本人  2、左足のみ  3、、腫れや変色なし  4 痛みはありません。


5、お尻側です。 6、個人医院でMRI検査は受けていません。 7、高血圧薬プレミネンを7年間服用していましたが、ここ1月程止めています。理由はかかり付け医を替えたため、1月程毎日の血圧値を知る必要があると言われ、指示に従っています。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

相談者様が呈されているのは、梨状筋症候群による坐骨神経痛である可能性が高いと考えます。

坐骨神経痛は病名ではなく症状名で、坐骨神経が背骨を出るところから足を下り始めるところまでのどこかで圧迫されると臀部や、太腿の裏側、下肢の裏面・足の裏のだるさやしびれ、痛みなどが現れます。
http://www.oleg-oasis.com/zakotutuu/ZAK1.JPG

坐骨神経は4番目と5番目の腰椎の間から出て足の後面を下降する太い神経です。
http://www.ou-hari.com/jpg/a-zakotu.jpg

最も多い原因は腰椎のヘルニアや脊柱管狭窄症、次にお尻の筋肉によって坐骨神経が挟まれる梨状筋症候群ですが、これらの理由で坐骨神経痛が起こっている場合は症状が片側であることが多く、また腰椎に原因がある場合は普段から腰痛を伴っていることが大半です。

相談者様の場合、特定の動き(畳に座ってから立つ時の動作)の時にのみ痛みが起こることが特徴です。
梨状筋症候群は、坐骨神経が筋肉にどのように挟まれるかによっていくつかのタイプに分類されます。
http://okirakuseijin.cocolog-nifty.com/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2009/09/09/rijyoukinappaku_2.jpg

そして、タイプごとに、立ち上がる時に症状が強く現れる患者様や、
http://zakotusinkeitu.com/2012/04/post-283.html

座っている時に強く症状が現れる患者様がおられます。
http://www.karada119.jp/article/14542407.html

神経も筋肉もレントゲンでは映りませんので、梨状筋症候群の診断のためにはMRI検査が必要です。また個人開業の整形外科医には、そもそもこの病気の知識が無い場合も少なくありません。

MRI検査が施行できる規模の医療機関の整形外科を受診されることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問