JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
nou-no-moribitoに今すぐ質問する
nou-no-moribito
nou-no-moribito, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 370
経験:  脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
70641304
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
nou-no-moribitoがオンラインで質問受付中

65歳の主婦です、人間ドックでA先生に 2010年8月、左胸の非定型抗酸菌症と言われ経過観察、2012年12月に喀

解決済みの質問:

65歳の主婦です、人間ドックでA先生に
2010年8月、左胸の非定型抗酸菌症と言われ経過観察、2012年12月に喀血(少量の1回)トランサミン、アー ツエー錠でおさまる、今年2月喀血、近所の医院で点滴、すぐ治まるとラビノ錠30とトランサミン250をそれ以来出血するといけないからと先生に言われて
、ずっと朝夕1錠づつ服用しています、又その時から、血圧が上がったり、一度不整脈が起きたのでリスピン150、セオノマール5、朝夕1錠づつアムロジピン2,5を朝1錠、ゲファニールカプセルを
服用しています。
時々胸が痛くなって、深緑の痰が時々出るので、A先生はクラリスを服用CTをたびたび取り私の場合きいているようだと言って下さり、近所の医院のお薬と一緒に服用していましたが、A先生が6月で退職しました。 
次にみえた、B先生は、今までの経過はみないで、気管支拡張症だからと、ムコダイン250、ムコソルバンL45、エルソルシン200、ガスターDを下さいましたが、こんなに薬をのんで大丈夫か不安で、食欲もありません、B先生には近所の医院の薬を伝えてあります、                       
今は、時々左胸の多少の痛みと不快感がある時があります、不快感のあとに濃い茶色や
茶色の痰が出ると、気分がよくなります。

このままの薬の服用でよろしいですか?不安がありますので、お伺い致します。
よろしくお願いいたします.

なお、近所の医院の先生は、ラビノ錠とトランサミンを飲んでて痰が出なくなった時、吸引治療したのですが、途中で血痰がでて中止した事があります。A先生に吸引は広がるからよくないと言われましたが、それ以来広がったような気がします、
近所の医院は以前よりお世話になっていますので、B医師にかかっていると言っていません。
B先生は病院に一週間に1回、月曜日午前中なので、7月29日に50日分のお薬を頂いています。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  nou-no-moribito 返答済み 3 年 前.
まず、「エルソルシン200」は「エリスロシン200」の誤りですね。

診断が間違っていないのが、前提になりますが、内服薬としては近所の医院が処方しているのは、基本的に循環器系のお薬で、B先生の分は、気管支拡張症に対するものと薬による胃炎の予防のために出されているガスターDですので、
問題は無いと思います。
B先生には、近所の医師の話は伝えてあるとの事ですので、近所の医師にもB先生のお話はしておいた方が、あなたに取って都合がいいはずですし、その医師も気分を害することもないと思いますよ。

追加のご質問は、遠慮なくどうぞ。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご回答いただきありがとうございます。


気管支拡張症の治療法について、いま一度、ご確認をお願いいたします。


1.近所の医院でいただいた、ラビノ錠30とトランサミン250を5カ月服用しているので血が固まってしまってしまわないか?このまま服用し続けても大丈夫ですか?


     


 


2.B先生から頂いたムコダイン250、ムコソルバンL45、エリスロシン200、ガスターDを上記1に代えて服用したほうが良いのでしょうか?


ただし、これを2~3日服用したら、食欲が低下しましたので迷っています。


お忙しいところ恐縮ですが、よろしくお願いいたします。

専門家:  nou-no-moribito 返答済み 3 年 前.
「ラビノ」ではなく「ラノビ」ではありませんか?
いずれにしましても、量的には少なめですので、血が固まったりはしないと思います。

また、B先生の処方で、食欲が低下するとの事ですので、これは、お薬の副作用ですので、先生とご相談すべきでしょう。
止血剤は、その原因が治れば必要なくなる訳ですから、やはり、B先生の処方の方が理にかなってはいるようです。
治療は、患者さんと医師との連携で行うものです。どちらかだけの思いで行っては、治療効果がでにくくなります。よくご相談してみて下さいね。
nou-no-moribitoをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問