JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

知人の女性が子宮筋腫で通院。かなり長期のようです。以降、オペの可能性があるともいわれているようです。毎日一回午後3時

質問者の質問

知人の女性が子宮筋腫で通院。かなり長期のようです。以降、オペの可能性があるともい われているようです。毎日一回午後3時に薬を服用しています。長期に飲んでいるようで、薬の効果をみてオペの判断をしようといわれているようです。尚、残念ながら薬の効果はあまりないようです。日頃の状況は出血は少量ですがジリジリあるらしく、最近のお昼は貧血が酷いらしいです。これまでも、日によっては多くの出血があったようです。最近は体調は辛いようです。そうは言っても体調のリズムは交互にやってくるようです。ここで問題がしました。お酒が強くないのに、夜系のバイトを始めたらしく驚くことに週6日フルで出勤。昼夜の生活が逆転しているようで、体調のすぐれない日々が続ているようようです。多分、主治医には、本当の生活リズムの報告(夜系の仕事のことなど)はしていないと思います。お酒も強くないのに相手から飲まされることもあるようで心配しています。仕事のことは本人が決めることですが、なるべく出勤数を減らして体の負担を軽減してほしいと思っています。医師の皆さんからみて所見はいかがてしょうか?仕事へのアドバイスも遠慮なくご提言いただければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。女性の年齢は45才です。

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
おはようございます。猫山と申します。

子宮筋腫に昼夜逆転の生活習慣が悪影響を及ぼすことを高いレベルで客観的に示したデータはありません。
これを示すには、例えば子宮筋腫を有する女性を一定数集め、半分に規則正しい生活を残り半分に昼夜逆転の生活を送ってもらい、長期間その経過を追うような試験を行う必要があるでしょうが、そこまでの研究は行われていないのです。

ただ、常識的に考えて良くはないだろうな、という見解を、多くの医師は持つだろうというレベルです。

知人の女性は、夜のお仕事を始めてから子宮筋腫の調子も悪くなったのですか?

相談者様は知人としての立場で何かアドバイスをされましたか?

規則正しい生活をすることを勧めたとして、夜の仕事を止めても、その女性の生活は、経済的な視点から、成立しうるのでしょうか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.

早朝から感謝申し上げます。子宮筋腫は仕事を始める前からありました。詳しくはわかりませんが、癌のことも言ってました。それと、友人であるわたくしから、極力夜の仕事の出勤日数を減らすようにアドバイスはしました。しかし、時給の魅力にとりつかれているようです。夜の仕事を減らしても経済的には問題ないと思います。親戚の家に同居させてもらっていて食事付です。バイトですが、月~土曜フルに出勤して日曜日はダウンしている繰り返しです。どうぞよろしくお願いします。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

つまりは、ご友人の立場で夜の仕事の出勤頻度を減らすよう助言しても聞き入れてもらえないので、医学的なデータで理論武装して説得力を増した説明をしたいということなのだと推察いたしますが、前述しましたように、医師の立場からも一般論として良くない、という以上の説明は出来かねます。

周囲からの助言もあり、夜の仕事を減らしても経済的には問題ないにも関わらず、月~土曜フルに出勤して日曜日はダウンという生活を繰り返されているのであれば、精神病のように周囲に迷惑をかけるわけではありませんから、それは自己責任の範囲内の問題であって、医学的介入の対象ではないと考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問