JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

ご質問お願い致します。7年前から、ナルコレプシーと、診断され現在もリタリンを服用しております。 ところが、最近、リ

解決済みの質問:

ご質問お願い致します。7年前 から、ナルコレプシーと、診断され現在もリタリンを服用しております。
ところが、最近、リタリンを飲まないと何もやる気が起きず何も出来ません。
色々と調べてみると、リタリンの依存症ではないかと思い、このお薬をやめたいと思っております。
症状は、最近は、突然眠くなることはなくなりましたが、リタリンが切れると、すごい鬱になります。
そのため、コンスタン0.4mlを、2錠、一日3回と、夢と現実の区別がつかないので、寝る前に、トフラニール25mlを1錠、ベゲタミン、ロヒプノール、ハルシオンを服用しております。

色々と調べる内に、リタリンは、麻薬指定みたいな事が書いており、とても怖くなり、社会に反しているのではないかと、毎日 不安に襲われております。
どうすれば良いか分かりません。

主治医の先生に相談するのが一番良いと思いますが、診察時間が、約1分ほどで、何も相談する風いんきではありません。

どうすれば、依存症が治るのか、薬をやめられるか、どうぞよろしくお願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

リタリンは麻薬というよりは覚醒剤に近いお薬(中枢神経刺激薬)で、平均しておよそ9ヶ月の服用で依存を生じると言われています。
ご記載を拝読する限り、相談者様はリタリン依存を既に生じていると思われます。

ただし、ナルコレプシーの主な症状である過眠に対して有効な治療薬は中枢神経刺激薬しかありません。現在では半減期が長く、依存が生じにくいモダフィニル(モディオダール)が第一選択薬として用いられていますが、長期の服用ということを考えるならば、依存が生じないわけではありません。

ナルコレプシーを根治する治療方法はありません。
日中の眠気を抑えるには中枢神経刺激薬を服用し続けるしかありません。
リタリンをモダフィニルに置換することは依存症傾向を和らげるかもしれませんが、依存の懸念を完全に払しょくすることは困難です。

……いまお尋ねしても仕方が無いことですが、こうした説明を、一切受けずにリタリンの服用を開始したのですか?



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機 能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.


猫山先生


 


ご回答誠にありがとうございます。


 


主治医の先生は、依存があるお薬とは説明が無かったです。


現在、朝、昼、2錠ずつ服用しております。


最近になって、リタリンを増やして欲しいとお願いをしたところ、このお薬は国で決められていて、これ以上増やせない、という回答でした。


 


どうしてもリタリンがないと、生活が出来ないので、2回だけ、別のお医者さんで、リタリンを、朝、昼、1錠だけ処方して頂きました。これも、法律で決められているのでしょうか?


 


どうぞよろしくお願い致します。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
リタリンの承認上限量は1日60mgまでですから、法律上は、10mg錠ならば1日6錠まで増量が可能です。
しかし依存性の問題があるために最大用量を使いたがらない医師がほとんどだとは思います。

リタリンはもともとはナルコレプシーだけではなく、うつ病にも保険適応がありましたが、不適切な処方にもとづく乱用や依存が問題視され(乱用者の求めに応じて大量処方しているクリニックなどがあったのです)、2007年10月にうつ病は適応症は削除され、ナルコレプシーに対する使用についても厳しい規制がかかるようになりました。現在、流通管理が徹底され、処方や調剤ができるのは、一定の基準を満たす登録済みの医師(リタリン登録医)や薬局に限られます。
よって、他院での処方は現主治医の知るところになる可能性が大です。
質問者: 返答済み 3 年 前.


猫山先生


 


ご回答誠にありがとうございます。


規定量は、大丈夫みたいなので、安心致しました。


主治医の病院は、院内処方で、別の病院では、院外処方せんです。


主治医の先生に知られると言う事は、何か連絡が来るということでしょうか。


それとも、カルテが返戻されるのでしょうか。


今となっては、どちらでも構いませんが。


 


今、一番希望している事は、リタリンなしで、生活を送れる事です。


本当に、リタリンが無いと何も出来ません。こんなに怖ろしいお薬とは、縁を絶ちたいです。


モダフィニルに変えてもらうのが一番良いでしょうか?でも、また、依存するのではないかと不安です。


このさい

質問者: 返答済み 3 年 前.


猫山先生


 


ご回答誠にありがとうございます。


規定量は、大丈夫みたいなので、安心致しました。


主治医の病院は、院内処方で、別の病院では、院外処方せんです。


主治医の先生に知られると言う事は、何か連絡が来るということでしょうか。


それとも、カルテが返戻されるのでしょうか。


今となっては、どちらでも構いませんが。


 


今、一番希望している事は、リタリンなしで、生活を送れる事です。


本当に、リタリンが無いと何も出来ません。こんなに怖ろしいお薬とは、縁を絶ちたいです。


モダフィニルに変えてもらうのが一番良いでしょうか?でも、また、依存するのではないかと不安です。


このさい

質問者: 返答済み 3 年 前.


猫山先生

 

ご回答誠にありがとうございます。

規定量は、大丈夫みたいなので、安心致しました。

主治医の病院は、院内処方で、別の病院では、院外処方せんです。

主治医の先生に知られると言う事は、何か連絡が来るということでしょうか。

それとも、カルテが返戻されるのでしょうか。

今となっては、どちらでも構いませんが。

 

今、一番希望している事は、リタリンなしで、生活を送れる事です。

本当に、リタリンが無いと何も出来ません。こんなに怖ろしいお薬とは、縁を絶ちたいです。

モダフィニルに変えてもらうのが一番良いでしょうか?でも、また、依存するのではないかと不安です。

この際、お薬を全部やめて普通の生活を送りたいです。

 

どうしたら依存を治せるか教えて下さい。

 

どうぞよろしくお願い致します。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

リタリンの流通は厳密に管理されていますので、一人の患者様に2ヶ所の病院から処方がなされていたことは、主治医に連絡が入る可能性が高いと思います。
これはもう、過ぎたことですから、たしかにどうしようもないことです。

ナルコレプシーが根治はしない病気である限り、中枢神経刺激薬は服薬し続けなければなりませんから、ある程度の依存が生じることは、残念ながら避けられないと思います。
ただし、リタリンは作用時間が短いために、1日の中ですら、効果が切れる時間、離脱症状が現れてしまう時間ができてしまい、これがしばしば患者様が増量を希望する一因となります。

現状での最善策は、ナルコレプシーという病気と、中枢刺激薬の特性を受け入れられ(本当はそうした疾患受容、疾患教育は服薬開始時になされているべきでしたが)、リタリンを、少しでも依存性が少ないモダフィニルに置換してもらうことだと考えます。

【ナルコレプシーの診断・治療ガイドライン - 日本睡眠学会】
http://www.jssr.jp/data/pdf/narcolepsy.pdf (19ページ参照)

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 3 年 前.


猫山先生


 


ありがとうございます。


 


間違えて何回もメールしていまい申し訳ございません。


 


論文読みました。


 


症状が、はっきりしたのは、20歳を過ぎた頃、勤めた頃から、仕事中に居眠りを度々起こし、仕事場の先生から、お昼ご飯を食べた後、1時間お昼寝をしなさいと言ってくださり、空き時間があれば、また、横になって寝ておりました。


子供の頃から、金縛りによくなって幽霊かと思ってました。それまでは自分は病気だとは、思いもしませんでした。


8年前に結婚を機に仕事を辞めました。専業主婦になり、十分に睡眠もとっているはずなのに、食事中や、タバコを吸っている時、電話してる時など、突然意識がなくなったり、生活に支障が出始めて、初めて受診致しました。


色々と機械などで検査をして、ナルコレプシーと診断されました。


今は、お薬を飲んでるので、あまり発作は起きないのですが、寝ている間に、意識は全くないのですが、しょっちゅう、起きだして何かしているみたいです。


全く覚えていないのでとても怖いです。


夢も毎日みてリアルすぎて現実と区別がつかないので、本当に生活に支障があります。


夢遊病なのでしょうか?


まずは、お薬を変えて頂きます。


 


 


 

質問者: 返答済み 3 年 前.


猫山先生


 


こちらのサイトは、初めてで、システムが良く分からず、ずっと先生からのメールを待っておりました。


 


大変申し訳ございません。


 


本当に色々とありがとうございました。


気持ちが少し楽になりました。


 


また、ご質問してもよろしいでしょうか。


 


本当にありがとうございました。


どうぞよろしくお願い致します。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

夜間の睡眠の質が悪い(レム睡眠が多い)こともナルコレプシーの症状のひとつです。
この、睡眠の質を改善するための薬物療法もありますので、主治医に相談(しにくい主治医なのかもしれませんが)されてみることをお勧めいたします。

ただ、ここまで全体を通じて、相談者様の主治医は、病気についても、お薬についても、十分な説明をしてくれない、コミュニケーションがとりにくい医師である印象を受けます。

一度、他の睡眠専門医を受診されてセカンドオピニオンを受けられるか、転院を検討されてみてもよいのではないかと愚考いたします。

下記のサイトから、日本睡眠学会認定の睡眠医療認定医とその勤務先医療機関が検索できます。

【睡眠医療認定医】


以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 3 年 前.

猫山先生


お忙しい中、何度も本当にありがとうございます!!


 


現在の主治医の先生は、有名な先生で、この前も新聞に睡眠障害について解説しておりました。(ムズムズ症候群)


 


実は、主人も、今年の始め頃から、激務の末に気持ちが悪くなり、仕事に行けなくなり、こちらの病院に行きました。 鬱病と診断され、現在、仕事を休職し、レキソタン5ml、スルピリド、ドンペリドン、ベゲタミン、ロヒプノールを服用しております。


主人も、全然、相談や悩みを聞いてくれる状況じゃないと言っております。いつも二人で病院に行くのですが、お互いに、今日の先生は、機嫌が良かった、悪かったの確認だけをしております。お薬をもらいに行くだけで、全然症状は良くなっておりません。


こちらの病院にかかっているのは、私が自立支援がきくのと、主人の仕事の保険証(社保)が、休職する前に診察して頂き、私の知識では、休職した後は他の病院では保険証が使えないと思っているからです。


先生に毎月、診断書を書いてもらい会社に報告書を送っております。


傷病手当をもらっております。


主人も、転院しても大丈夫でしょうか?保険証が使えるのでしょうか?


 


猫山先生のアドバイスのセカンドオピニオン、転院を、考えております。


 


どうぞよろしくお願い致します。


 

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

自立支援は転院先に移行できます。

保険や傷病手当金については労務問題なので専門外ですが、問題は無いようですよ。
http://www.soumunomori.com/forum/thread/trd-74496

精神科・心療内科に通って医者に気を遣ってるのでは、何しに行っているのがわかりませんよね。
質問者: 返答済み 3 年 前.


猫山先生


 


本当にありがとうございます!!


 


色々と親身に相談にのって下さり、大変感謝しております。


 


誠にありがとうございます。


 


猫山先生にたくさんアドバイスを頂いて本当にうれしいです。


 


今の主治医の先生が、猫山先生だったら、どんなに良かったかと、悔まれます。


 


本当にありがとうございます。(泣く)


 


また、猫山先生にご相談する事は可能でしょうか?


 


システムが分からないので~


 


本当にすいません。


どうぞよろしくお願い致します。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
少しでもお役に立てたのであれば何よりです。

次回以降、ご指名は可能ですが、システム上操作が難しいようです。

普通に新しくご質問を投稿されて、質問文の冒頭に「猫山指名」とご記載いただければ私が(回答できるご質問であれば)お答えいたします。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問