JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4078
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

発症して1月 左足外側くるぶしを中心として甲 に及んでいます 当初感染症の診断もあり 厚生剤投与でいったん沈静しま

質問者の質問

発症して1月 左足外側くるぶしを中心として甲 に及んでいます
当初感染症の診断もあり 厚生剤投与でいったん沈静しましたが 治まらずその後の検査で痛風と診断あり 「アロチーム錠100㎎」の処方を受けました 服用2日目です
ところが 痛みと腫れがまた出てきました 冷せば多少は治まります
薬は予防的処置で 症状ある時 点では効かないと説明を受けました
すると すでに発症している場合は 痛みと腫れを堪えるしかないことになりますが どうすればよろしいでしょうか
痛み止は感染症真男児に投与された「プラノプロファン」がありますが 飲んだ方がよろしいでしょうか
また 温まると痛みは増しますが 冷すのでよろしいのでしょうか
なお 尿酸値は7/2検査で7.2と出ました 年齢74.10歳 体重 56.5です
よろしくお願いいたします
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんばんは。猫山と申します。

恐れ入りますが、状況も、何をご質問になりたいのかもわかりません。

事情を整理されてご説明いただき、ご質問事項を箇条書きにしてお示しいただけないでしょうか?



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.

7/7  左足外側くるぶしを中心つま先 ひざ下10㎝まで腫れあがり激しい痛みが出ました
原因については思い当たりこと特にありません



整形外科医(日曜当直医)の診断では感染症とのことで抗生剤を処方されました
7/8 近くの外科で痛風と診断が改まり抗生剤は中止 痛風薬の投与がありました


 


ところが7/10 血液検査の結果 尿酸値6.4 CRP定性6+ 白血球H12100と検出されたため 痛風は撤回 感染症と診断され抗生剤に切り替えられ痛風薬は止めるように指示されました



結果 1週間で 腫れは概ね引き 痛みも薄らぎましたので 7/16 薬は痛み止のみとなりました 


しかし その後1ヵ月経っても低度の腫れを繰り返し 痛みも完全には取れないため 8/2 大学病院で検査を受けました
検査結果は 尿酸値7.2  
(ここ2年ほど血液検査で6.8~7.6 を往ったり来たりしていました)
その結果 やはり痛風に間違いなし レントゲン検査も骨には異常なし として「アロチーム錠」の処方を受け飲んでいます
けれども 本日 また痛みと腫れがやや激しくなりつつあります


質問1 痛風の薬は処置薬ではなく 抑制薬と説明を受けましたが そうすると現在のように腫れあがりだしたり 痛み出したりの状態には効果はないのでしょうか


 


質問2 その場合どうすればよろしいでしょうか
     a  感染症と診断された時の痛み止「プラノプロフェン」はありますが 飲んでもよろしいのでしょうか


     b  痛いので冷していますが 痛風でも冷した方がよろしいのでしょうか


     c  その他腫れと痛みを抑える方法があれが教えてください


質問3 痛風の一般的生活注意は受けましたが 今後とも急に現在のように腫れ出したり痛み出したりするものでしょうか その場合の自分で出来る応急処置があればご教示ください


外科医 もしくは整形外科医へは通うつもりです


質問4  どのようなことに留意して質問すればよろしいでしょうか


 


以上です よろしくお願いいたします


 


 

専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
質問1:アロチーム錠は予防薬です。腎機能に問題がなけれは痛み止め、または、コルヒチン(発症から24時間以内が最も効果的です)が使われます。腎機能に問題があればステロイドの局所注射が使われます。アロチーム錠は飲みつずけて構いません。

質問2:プラノプロフェンを処方されているので腎機能には問題 がないと思います。プラノプロフェンを飲んで構いません。痛風は冷やしても構いませんが効果はあまりありません。プラノプロフェンで直らないようなら担当医を受診して強めの痛み止め、コルヒチン、または、ステロイドの局所注射をしてもらってください。

質問3:痛風の一般的生活注意をまもり、アロチーム錠をのんでいれば発作は少なクなると思います。発作時には痛み止め,または、コルヒチンを飲んでください。担当医にあらかじめ処方してもらってください。
リウマチ内科が良いと思います。

質問4:リウマチ内科で今までの経過を話してください。血液の尿酸値は痛風の診断のなりません。その関節液を注射器で吸い取り顕微鏡下で観察し、尿酸は認められるようなら痛風と診断されます。
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4078
経験: 1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

ありがとうございました


 


回答は参考にさせていただけますが 2日待つ間に通院し同様の指示を得ましたので
回答到着前に退会しました
ボーナスの話は知りませんでしたが 回答内容は多少程度ならお払いしても価値ありと思いましたが 退会しすでに会員ではありませんので 保留させていただいています

専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
どういたしまして。ではお大事に。

医療 についての関連する質問