JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

Dr_GATOに今すぐ質問する

Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 3973
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

健康診断で血小板の数値が減少しているのがわかりました。 先週再検査を行いましたが 数値83が健康診断でしたが、再検

解決済みの質問:

健康診断で血小板の数値が減少しているのがわかりました。 先週再検査を行いましたが
数値83が健康診断でしたが、再検査では80でした。脾臓のctもとりましたが異常はありませんでした。本日血液を内科で再度とりま して、血小板の数値が1週間前よりさらに減少し57でした、
1週間で23000も下がり、この先1週間あとはどうなるか。すごく不安です、血液検査結果が
出るのが8月の中旬なので、それまで20000くらいになってしまったらt思うと恐怖です。
悪性リンパ腫の検査、感染症の検査も同時に結果待ちです。何が原因で減少したのか、
、リンパ腫があると、血小板は減るのでしょうか?昨年の11月から今年の3月まで風邪、扁桃腺で発熱が3回くらいあり抗生物質をバカバカ飲んでました、ロキソニン、とんぷく、アセトアミノフェン、ファーマリンなど。あと水虫が市販されている薬でただれてしまい、皮膚科で処方してもらった塗り薬を
塗り回復してきています、その時左脇の下のリンパと右足の付け根にリンパが腫れていたので、
皮膚科医に聞いてみましたら、足のばい菌をくい止めていると話しておりますが、内科の医師は
悪性リンパ腫と言ってました。それはないと思うのですが。もしそうだったら死ぬということでしょうね。すごく恐怖です。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
体重と身長を教えてください。体重に変化がありますか。
寝汗、咳,熱がありますか。そのリンパ節は触れると痛いですか。周りの組織から動かすことができますか。ゴムのように固いですか。どこかに出血がありますか。他に症状がありますか。
他に病気がありますか。
手術をしたことがありますか。
市販の薬を含めて何か薬を飲んでいますか。
家系に病気の方がいますか。
質問者: 返答済み 3 年 前.

 


身長は164センチ、体重は61.5キロ、体重は昨年の4月に腸の調子が悪く3週間下痢が続き、その時体重が3キロ位落ちました。それを機にこの体重を


維持しようと思い夜9時以降の食事はやめるようにしました。


毎週1、2回スポーツクラブでテニスをしていますので体重は60前後に維持しています。昨年の4月は63.5キロー64キロくらいでした。


人からは痩せたと数えきれないほど言われました。


寝汗はもともと少ないですが、最近ここ10日位かくようになり、ただエアコン


が嫌いなので、部屋が暑くて寝汗をかいているような気がしますが、ここのところ体が熱いと感じます。微熱36.7-37.2度くらいあります。


咳は出ていないです。左脇のリンパは自分では確認できないので医師はどれのことを言っているのか、痛みもないのでわかりません。右の足の付け根


にはあります。医師は1.5センチと言ってました。痛みはなくゴムのように固いといえば固いです。リンパ節は固定しているようです。


また、リンパ節は触っても痛くありません。出血もありません。


他に病気は白内障が少しあり、半年に1度の検診をしてますが、次回から1年に1度になりました。手術の経験はありません。薬は飲んで


 

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
悪性リンパ腫で血小板が減少することは末期に骨髄に浸潤しない限りないと思います。その場合は全ての種類の血液細胞が減少すると思います。悪性リンパ腫を疑うならその診断のためにその種大してい るリンパ節の生検を行なう必要があります。
免疫性血小板減少性紫斑病の可能性があると思います。血小板の数が30,000より低いので無症状であっても出血の可能性があるのでグルココルチコイドの内服とイムノグロブリンの静脈注射で治療した方が良いと思います。それでも反応しない場合は脾臓の摘出、リツキシマブ、ロミプロスチムやエロトロムボパグのような血小板刺激剤が必要となります。
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 3973
経験: 1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • Dr_GATO

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    300
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    医師

    満足した利用者:

    340
    総合診療医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/horacicurgeon/2015-11-16_288_doctorbanner.64x64.jpg Dr.K さんのアバター

    Dr.K

    医師

    満足した利用者:

    162
    医師、医学博士として、臨床及び研究に10 年以上従事。専門は呼吸器疾患で、特に呼吸器がん(肺癌、悪性胸膜中皮腫など)や喘息、COPDなどの呼吸器良性疾患及び、一般外科、救急医療に関しても精通しております。呼吸器外科専門医、呼吸器専門医、気管支鏡専門医、がん治療認定医、外科専門医、産業医。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/PC/PchanDr./2013-5-7_01659_IMG2692.64x64.JPG P-chanDr. さんのアバター

    P-chanDr.

    医師

    満足した利用者:

    40
    泌尿器科専門医・指導医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HE/heartDr./2014-7-24_112459_TshirtFemale5B15D.64x64.JPG Dr-KUMA さんのアバター

    Dr-KUMA

    医師

    満足した利用者:

    125
    国立大学病院勤務経験あり
 
 
 

医療 についての関連する質問