JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

併発している寄生虫妄想症についても、質問させてください。3年ほど前から家にいる虫について話すようになり、1年ぐらい前

解決済みの質問:

併発している寄生虫妄想症につい ても、質問させてください。3年ほど前から家にいる虫について話すようになり、1年ぐらい前から殺虫剤を撒き散らすなど症状がひどくなりました。心療内科にも一度行き、すでに病名もはっきりしています。しかし、本人は病気ではなく、虫かいる、見えると言い張ります。もう病院に行こうともしません。今のところ認知症にはなっていないと思いますが、これからが大変心配です。念のため家も専門家に検査してもらいましたが、虫もダニもいないきれいな住まいであるというレポートもいただきました。今、家族として何をしてあげることがこの病気の治療に一番役に立つのでしょうか。無理にでも医者に連れて行くことでしょうか。それとも、精神的な病気であることを自覚するように話をしていったほうがいいのでしょうか。よろしくお願いします。

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】


猫山です。こんばんは。

寄生虫妄想というのは、(家の中ではなく)皮膚の中に寄生虫がいると確信する妄想のことですが、治療論としては同じですから、細かい病名に拘る必要は無いでしょう。
http://www.enjoy.ne.jp/~shibata/research/kiseichumoso.html

他に幻覚や妄想がないのであれば、さらに重症の精神疾患に発展することもありませんし、認知症の前駆症状というわけでもありません。
ただ、この症状があるとご本人も周りの人も大変ですから、治療は必要です。

薬物療法は多くの患者様で有効ですが、高齢者では副作用が出やすいので、精神療法と、最小限の薬物療法での治療が行われることが望ましいでしょう。
妄想が完全に無くなることを目指す必要はありません。

説得しても納得しないから妄想です。専門家に検査してもらってレポートをいただいたりすると、例えば、「専門家でもみつけられないような新種の寄生虫がいるのだ」と、妄想に対する確信を深めかねません。
無理にでも医療機関に連れて行くべきでしょう。
一度受診して良くなるものでもありませんから、定期的な通院が必要になります。

以前にかかられた心療内科でもかまいませんが、可能ならば高齢者の心性に通じた、老年精神医学の専門医療機関にかかられるのが理想的です。

「老年期の心の障害は、『老化』を抜きに考えることはできません。老化は精神の疾患の直接的な原因とはなりませんが、精神医学上、いくつかの問題を生じさせる ことになります。第一に、器質的な変化による心身の機能低下は、ストレスに対する耐性の低下につながり、小さな変化や刺激でバランスを崩しやすくなりま す。第二に、社会生活の面では「喪失」を余儀なくされる年代にあたり、退職、重要なポスト(役職)からの引退、収入減少、配偶者や友人の死など、失うもの の多さ、大きさに愕然となることが多くなります。
(中略)
一方、治療する側からみれば、老化の程度は人によってさまざまだということが診断や治療を難しくしています。人の名前が思い出せない、物を置いた場所を すぐに忘れるなど、医学的になんら問題にならないような変化を自覚するにとどまる人がいれば、深刻な痴呆症(認知症)に進む人もいます。これらの人々で は、障害の現れ方も多様なものとなり、薬物療法、精神療法も個々のケースごとに異なる対応が求められます」(http://www4.zero.ad.jp/dentalian/index-04-04-rounenki.html より引用)

こうした側面があるために、一般の精神科・心療内科では、一定以上の年齢の患者様には十分な対処ができない場合が少なくありません。

下記のサイトから、日本老年精神医学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本老年精神医学会認定 こころと認知症を診断できる病院&施設】

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

大変参考になりました。ありがとう、ございました。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
お役に立てたのであれば幸いです。

医療 についての関連する質問