JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 2800
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

前立腺がんの治療法について; 病期T2c、GS6(3+3)、PSA 7・1、被膜外浸潤や明かな遠隔転移なし; 現在、

質問者の質問

前立腺がんの治療法について; 病期T2c、GS6(3+3)、PS A 7・1、被膜外浸潤や明かな遠隔転移なし; 現在、IMRT、密封小線源療法、手術の3つを検討対象にしています。 質問 1) 根治性ではIMRTと 密封小線源療法は同程度でしょうか?  2)放射線療法の「腸疾患」と「膀胱疾患」の晩発性の合併症は、重篤なものが2%程度以下と言われますが、どのような症状になるのでしょうか?その症状は一生続くのでしょうか?治るものでしょうか? 3) 最近出た本(前立腺がん、最善治療)では、手術だと早期がんでも20%以上の再発があるとのことですが、根治性や、被膜外浸潤が隠れていた場合などを考えると、放射線療法のほうが根治性は高いのでしょうか? 4) 粒子線(特に重粒子線)治療は有効性が高い上に腸疾患など合併症の頻度もほかの放射線より、低いといわれますが、その点、実際はどうなのでしょうか?よろしくお願いします。5)密封小線源療法を選ぶ場合、東京医療センターや慈恵医大など症例数が多い病院にするのがよいでしょうか?

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療

医療 についての関連する質問