JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4034
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

17歳女性てんかん歴7年 身長157 体重53キロ 右側頭葉に生まれつき機能不全の部分があり部分てんかんをおこし中学2年より専門の病院に入退院、通院していましたが、昨年夏より硬

質問者の質問

17歳女性てんかん歴7年
身長157 体重53キロ
右 側頭葉に生まれつき機能不全の部分があり部分てんかんをおこし中学2年より専門の病院に入退院、通院していましたが、昨年夏より硬直を伴うひどい発作を起こすようになり検査しましたところ九月にラスムッセン症候群と診断されました。すぐにステロイドパルスを始めました。以後1か月に一度の治療を受けMRIの画像も少しずつ良くなってきましたが、ここ数カ月画像の変化が見られず足踏み状態となっています。それにともないおさまっていたひどい発作があらわれるようになりました。もともと機能不全の部分があるため免疫の攻撃が完全にはおさまらないのでしょうか。またほかに治療法などがあるのでしょうか。専門の先生によくみていただいてますがわらをもつかむ気持ちでご相談いたします。
ステロイド治療をはじめてからもともとの発作はだいぶおさえられていますが左半身の痙攣がたびたびおこり重症になると硬直までいってしまいます。また左手はすこしまひがあります。頭痛もはどくほぼ毎日ロキソマリンを服用しています。常用薬としましてはマイスタン、ヒダントール、ガバペン、イーケプラをラスムッセン以前より服用しており症状により調整していましたが、ラスムッセン発病後は以前のままです。また発作頻発時はフェノバールの点滴をうけています。薬の多用による眠気にも悩んでおります。
取り留めのない御相談ですが何か参考になるようなことがございましたら宜しくお願い致します。
また症状が特異な為質問の公表をひかえていただけるようお願い致します。




17 名の医師が質問受付
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
他に治療法としては免疫グログリンの投与、タクロリムスがあります。最終的な方法としては神経症状が安定した場合、機能的脳半球切除術、又は、脳半球切除術が痙攣を軽減し、行動、記憶の能力を改善する可能性があります。
質問者: 返答済み 4 年 前.

免疫グログリンの投与、タクロリムスとはどのような治療法ですか。費用リスクなどについても教えてください。また行える治療施設も知りたいと思います。


また切除術を行った場合身体機能はどのくらい失われるのですか?日常生活はおくれなくなるのでしょうか

専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
免疫グログリンを点滴で投与する方法 です。タクロリムスは飲薬です。免疫グログリンは免疫機能を調節する薬でで,タクロリムスは免疫機能を抑制する薬です。免疫グログリンはリスクはありません。しかし,タクロリムスは腎障害で定期的に検査することが必要です。そのほか、高血圧、高血糖、ふるえ、頭痛、ほてり、吐き気などもかなりの頻度でみられます。免疫機能を抑制するので感染の危険もあります。その治療は特殊ではなく,一般の病院で行なうことができます。2007年に保険適用の懇願をしています。もし,保険が認可されたなら費用はひどくはかからないと思います。担当医に尋ねてみてください。
てんかんの原因が言語優位半球側にない場合は、機能的半球切除というてんかん手術が検討されます。右手利きの場合は左半球が言語優位である場合が多いです。娘さんの場合も適用となります。半球は無くなるため左半身の不随,左目の失明になります。年齢が若い場合にはリハビリによって左半球が右半球の機能をある程度代償する可能性があります。17歳ではどうかは分かりません。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問