JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14369
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

私は71歳の男性です。 此の度、頸動脈狭窄と診断され、カテーテルによる拡張治療を行います。 困ったことは、数年前

質問者の質問

私は71歳の男性です。
此の度、頸動脈狭窄と診断され、カテーテルによる拡張治療を行います。
困ったことは、数年前に脳梗塞の疑いがあり病院に入院したとき、安静という事でペニスに管を入れましたが、スムースに入らず途中までとし、後はテープでぺニスに巻き付けました。
ところが、完全でなくて尿漏れがありまあした。
今 回、カテーテルよる拡張治療を行うに当たり医師からペニスの横の血管からカテーテルを入れるので、尿漏れがあってはならない(完全にペニスの中までは要らないとダメ)といわれております。
泌尿科専門の医師なら、尿管が狭くなっていても管を入れる方法があるでしょうか
方法がないと頸動脈狭窄治療出来ないのでとても心配です。
どうかお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
おはようございます。猫山と申します。

前回と今回とでは事態の深刻度が違いますので、いかようにしてでも導尿は行われるだろうと考えます。

少し補足情報を下さい。

①数年前、バルーンカテーテル(導尿用の管)が「スムースに入らず途中」しか挿入されなかった理由は何だったのでしょう? 前立腺肥大などがあるのでしょうか。

②チーマンカテーテル(http://kango.919.co.jp/word/チーマンカテーテル)等、尿道の狭窄や湾曲がある患者様用に用いられる特別なカテーテルもありますが、数年前はそうした、一般のカテーテル以外のカテーテルの使用も試みられたのでしょうか。

③「今回、カテーテルよる拡張治療を行うに当たり医師からペニスの横の血管からカテーテルを入れるので、尿漏れがあってはならない(完全にペニスの中までは要らないとダメ)といわれております」とのことですが、これは、仮に手術当日、相談者様が手術室に入ってから、尿道から膀胱にカテーテルが挿入・留置できないと言われた時点で、手術が中止になるという意味なのでしょうか? そんなことはありえないと思うのですが……

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.

①前立腺肥大です。


②ありません


③尿道からカテーテルを入れるのではなく、尿道の横の大腿の血管から入れるのです。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

ご返信・追加情報ありがとうございます。

③についてですが、「カテーテル」というのは「管」といった程度の意味で、尿を出すために尿道に入れるものもカテーテル(バルーンカテーテル)と呼びます。
私がお聞きしたかったのは、この、バルーンカテーテルが尿道に挿入できない場合、尿道の横の大腿の血管からカテーテルを入れる手術そのものも中止になると、主治医から言い渡されているのでしょうか? ということなのですが……

いかがでしょう?

 

もう一点、前立腺肥大についてですが、平時の排尿にも困難をきたすほどなのでしょうか? どのていど重症の前立腺肥大症なのでしょう。今回の件につき、前立腺肥大症を診ている(泌尿器科の?)主治医には相談されましたか?

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
追加の情報リクエストは2013/07/10 時間 15:38にご閲覧いただいているようですが、ご返信がありませんので、ここまでの情報を作成させていただきます。

結論から申し上げますと、相談者様の尿道にバルーンカテーテルを入れることは可能でしょう。従いまして、それが理由で頸動脈狭窄に対する「カテーテルによる拡張治療」が行えないことは有りません。

執刀医には「数年前に脳梗塞の疑いがあり病院に入院したとき」のエピソードを説明されて下さい(もうしたのかもしれませんが)。
前述のチマーマンカテーテルをはじめとして、尿道狭窄がある方用のバルーンカテーテルを用意してくれるはずです。バルーンカテーテルの挿入は(病院にもよりますが)看護師が行います。必要ならば泌尿器科医の応援も仰ぐでしょう。

頸動脈狭窄も尿道狭窄も、高齢者の方に起こりやすい病態です。
頸動脈狭窄に対する「カテーテルによる拡張治療」を受けられる男性患者様は、多かれ少なかれ前立腺肥大症をもっていますが、それが理由で手術が行われないことなどまずありません。

ご不安の点について、執刀医をよく相談されることをお勧めいたします。

※文中、「バルーンカテーテル」と記載したのは尿道に入れる方の管ですのでお間違いのなきようお読み下さい。
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
回答をご一読いただけますと幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
回答をご一読いただけますと幸いです。

医療 についての関連する質問